2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 後ろ向き資金

後ろ向き資金

後ろ向き資金

融資の資金使途にもいろいろありますが、もっとも審査が通りにくいものが「後ろ向き資金」というものです。

これは、企業の赤字を穴埋めする資金、売掛金・受取手形などが不良資産化したときに穴埋めする借入のことを言います。

なぜ後ろ向き資金が借りにくいのかというと、返済財源がないからです。

企業は利益、もしくは現金が流出しない費用である減価償却費(この2つをキャッシュフローと呼びます)から借入の返済をしますが、後ろ向き資金はそのような返済財源がありません。

あえていうなら、黒字転換後の利益もしくは遊休資産の売却と言えるのでしょうが、それらは確実性はありません。そのため、銀行は無担保では後ろ向き資金の貸し出しはめったにしません。そのため、担保を入れたり、信用保証協会を使うことになるのでしょう。

また、後ろ向き資金は、もし借りることができたとしても、返済財源がないのに返済しているわけですから、返済が進むと、当然資金は足りなくなります。黒字転換しないかぎり、また遊休資産を売却しないかぎり、返済が進んだ分を再び借入する(これを折り返し融資と言います)ことになるのが常です。

銀行には、もし後ろ向き資金を借入したい場合でも、

「赤字穴埋めのために借入したい」

「売掛金が引っかかったため借入したい」

と表立っては言わない方が得策です。「運転資金として借入したい」と言いましょう。運転資金という言葉は、とても便利です。立派な資金使途になります。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop