2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > いきすぎた節税は「格付」の低下を招く

いきすぎた節税は「格付」の低下を招く

いきすぎた節税は「格付」の低下を招く

今までの日本の経営者は、節税を一番に考えて決算書を作っている方が多かったように思います。

決算書での節税、それは大きな利益を出さず、ぎりぎりの黒字を出すことにより税金支払を最低限に抑えるということです。

私の顧客でも、売上は何億にもかかわらず当期利益が何十万というような企業をよく見かけます。

しかし、現在の日本の銀行は、企業に融資をする時に一番重要視することは企業ごとの「格付」です。この信用格付制度は、自己資本と利益を重視したものです。

節税のために、今までの決算で利益を抑えていた企業は、当然のことながら自己資本は少なく、また利益も少なくなっています。

つまり、そういった企業は、節税効果により税金支払を抑えてきた代わりに、「格付」を落としているのです。

銀行は、「格付」により、企業に融資をするかしないか、基準とする金利はいくらか、決定します。

これからの企業は、節税するが「格付」を落とすか、税金はしっかり納めるが「格付」を上げるか、選択が迫られています。

どちらが良い戦略かは企業ごとに違うと思いますが、今後、銀行から融資を受けやすく、またより低い金利で融資を受けるためには、節税よりも、利益をしっかりと出して「格付」を上げることが必要でしょう。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop