2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行員が見る損益計算書のポイントその1

銀行員が見る損益計算書のポイントその1

銀行員が見る損益計算書のポイントその1

銀行が融資を審査する時、融資希望企業の決算書を見ますが、その中で損益計算書も見ます。

銀行員が見る損益計算書のポイント、一番重要なのは、売上と利益です。

売上については、銀行員は、売上が前期比、どうなっているのかを見ます。

横ばい、増加であれば、銀行員はそう心配はしないのですが、売上が大きく減少していると、銀行員は、その企業がなぜ売上が減少したのか、要因を探さなければなりません。

何か特殊要因があれば、安心なのですが、そうでなければ、業界全体の需要衰退による売上減少なのか、競争力の激化による売上減少なのか、もしそうであれば新商品の開発、営業力の強化など、その企業は売上回復に向けて対策をとっているのかどうかをチェックします。

また、特殊要因とは、工場の建替えのため一時的に売上が減少した、赤字部門から撤退したため売上が減少した、などです。そのような要因であれば、銀行員は安心します。

売上の増減は、銀行が融資を審査するにあたって、重要としている部分です。もしあなたの会社が売上減少しているようであれば、なぜ売上が減少してしまったのかを説明し、売上減少が需要減少・競争力激化などによるものであれば、あなたの会社がとる売上回復に向けての対策を、銀行にしっかり説明してください。対策をとっていないのであれば、今すぐ役員会等で対策を練ってください。

売上が減少したのは仕方がないです。それよりも、売上減少理由を銀行にしっかり説明、対策を説明することが、あなたの会社が融資を受けられるか、受けられないかに関わってきます。なぜなら、あなたの会社による説明が、そのまま銀行の融資稟議に書かれるのですから。説明によって銀行を納得させることができれば、融資を受けられる道が開いてきます。

次号は、ポイントその2、利益について説明します。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop