2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 「保全」さえ満たされていれば借りられる?

「保全」さえ満たされていれば借りられる?

「保全」さえ満たされていれば借りられる?

保全とは、融資先企業が万が一返済できなくなったときのために、銀行がとっている、担保と保証のことを言います。

例えば、担保価値2,000万円の土地を、銀行に根抵当権として2,000万円設定していて、その企業がその銀行から融資を受けている金額が2,000万円という場合、保全率(保全金額÷融資金額)は100%、と計算されます。

つまり、その企業が残額2,000万円の融資が返せなくなった場合、担保土地が2,000万円で売却でき、それを返済にあてて全額返済できるため、保全率は100%、と考えるのです。

もし担保土地の価値が1,000万円しかなかったら、保全率は

1,000÷2,000=50%となります。

しかし、例えば担保価値2,000万円の土地を銀行に根抵当権として2,000万円設定していて、その企業の融資残高が1,000万円であったとした場合、銀行は1,000万円の融資を新たに申し込まれた場合、絶対貸すかというと、そんなことはありません。

保全が満たされていても、それよりも銀行は、融資をする企業の業況を重視して、融資をするかどうかを判断するのです。融資金額をカバーする担保があるからといって、絶対融資するということはありません。

なぜなら、融資が貸し倒れとなった場合、担保物件を処分するのが、とても大変だからです。

企業が倒産すると、銀行内での倒産報告、仮差押、競売、償却など、山のように仕事が増えます。また、銀行が家屋敷をとったなどと、逆恨みを買ったり、地域内の銀行の評判が落ちることもあります。

それに、担保価値が2,000万円だからといって、絶対に2,000万円以上で土地を売却できるとはかぎりません。特に、地価が下がり続けている現在ではなおさらです。

このような理由で、保全が満たされているから絶対融資を受けることができる、とは言えないのです。

担保に入れられる土地があるからと言って、業況が悪ければ、融資を受けられない事態も十分ありえます。気をつけてください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop