2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行員の反応から感触をつかむ

銀行員の反応から感触をつかむ

銀行員の反応から感触をつかむ

あなたの会社が銀行に融資を申し込むと、銀行の担当者が何らかの反応を返します。

その反応で、融資審査が通るか通らないか、大体は分かります。

銀行員は、言葉をにごし、あいまいな言葉を言う傾向にあります。しかし言葉とともに、銀行員が示す態度でも、ある程度の感触は分かるものです。

融資を申し込んだ場合、その場で、融資が絶対できるということを言われることは、めったにありません。

しかし銀行員は、この融資先企業ならどのくらいまでの融資が可能であるか、審査前でも大体の感触はつかんでいるものです。

そのため、あなたの会社が銀行に融資を申し込んだ場合、申し込んだ相手の銀行員のほんの小さな反応で、融資審査は通りそうかそうでないか、ある程度は分かります。

また、審査が通るのはほぼ不可能、という言葉があります。

それは、以下の言葉です。

「検討してみますが・・・」

「できたらやってみますが・・・」

「難しいかもしれませんが・・・」

あなたの会社が融資を申し込み、その時これらの言葉をかけられたら、ほぼ審査は通りません。

融資申込を取り下げるまではしなくても、他の銀行にあたってみたり、他の資金繰り対策をとったりしておいた方が良いでしょう。

長年銀行取引を行っていると、これらの感触が自然と分かってきます。

融資を申し込みしたときの銀行員の反応から、審査が通るか通らないか、ある程度の感触をつかんでおくと、いろいろ役に立つでしょう。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop