2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行は銀行の利益を第一に考える

銀行は銀行の利益を第一に考える

銀行は銀行の利益を第一に考える

銀行も、一つの営利企業です。そのため、まずは自社の利益を第一に考えます。

銀行では、各支店にノルマが課されます。その中で、支店の総融資の量のノルマもあります。

しかし、顧客となる企業は、銀行のノルマが達成されるようには、借りてくれません。(逆に企業側がいくら借りたいと言っても、融資をしてくれない場合もあります。)

そのため、無理な営業が発生します。企業側が必要ないと言っても、無理やり貸しつけようとします(そのため、普段はいい顔をし、「人間関係」を作ろうとします。)

特にひどかったのはバブル時代です。私はバブル時代は学生だったので、伝聞でしか分からないのですが、担保さえあればひたすら融資することがまかりとおっていたようです。今の銀行には、バブル時代の名残の不良債権がまだたくさん残っています。企業側に責任ないとは言い切れないですが、その時代の銀行の責任は大きいと思います。

バブル時代ほどではないですが、今でも支店のノルマ達成のため、普段は「人間関係」を作っておいて、そこそこの財務内容である企業に無理やり貸付することはよく行われています。

私も銀行員時代はそうでした。自分のノルマの達成のためには、

「頼みます。頼みます。」

と何度も頭を下げたものでした。お客さんには申し訳ないと思いながらも、銀行の組織の中ではそうしなければならなかったのです。(そういうのも銀行に嫌気がさした理由の一つです。)

銀行員が「社長、いい話ありますよ」と言ってきても、ほとんどの場合は企業側にメリットがあるのではなく、銀行側にメリットがある話なのです。銀行員の話は、慎重に聞くことと、ウラに何があるのか探ることが必要となります。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop