2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 取引銀行を替えることについて

取引銀行を替えることについて

取引銀行を替えることについて

ある程度の業績の企業には、新規の銀行から、よく融資の売り込みがあります。新規の銀行が提示してくる融資条件は、たいていは、金利を安くするなどかなりの好条件としてきます。

銀行の各支店にはそれぞれ、融資量を増やす、というノルマが課せられています。そのため、ある程度金利を下げても、各支店は融資量を増やそうと必死です。

しかし企業側としては、いつでも融資が必要、というわけではありません。その場合、新規の銀行からは、既存の取引銀行の融資を借り換えしませんか?と勧誘してきます。借り換えすると金利を低くできるから、お得ですよ、というように。

この場合、既存の取引銀行の融資を、金利が低いからといって、簡単に借り換えしてもよいものでしょうか。

よほど既存の取引銀行に不満を持っている場合は別として、安易に借り換えしないでください。

新規の銀行が持ってくる、破格の融資条件は、その銀行が新規取引を開始するための武器です。ほとんどの場合、その後、同じような破格の条件を出してくることはありません。なぜなら、破格の条件は採算を度外視したものであるため、それを続けていると、その銀行の収益が圧迫されるからです。

それより、長い付き合いをしている既存の取引銀行と、取引を深めていくべきです。しかし取引銀行を替えるのではなく、取引銀行を増やす、という考え方ならよいでしょう。

また、新規の銀行が持ってくる破格の融資条件を、既存の取引銀行の融資条件を良くさせるための「ダシ」とすることもできます。新規銀行の破格の融資条件を既存の取引銀行に話してみると、既存の取引銀行も、今後の融資条件を良くしてくれることはよくあります。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop