2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > カードは後のために残しておこう

カードは後のために残しておこう

融資は、無担保で受けられればよいのですが、なかなかそうはいかないものです。また担保を入れないまでも、定期預金の作成をお願いされたりと、融資を受けるに当たって銀行はいろいろな条件を付けてきます。

はじめから担保を入れることを銀行から言われているのでなければ、担保を入れること、定期作成等、融資申し込み時にこちらから提案する必要はありません。

そのような担保・定期作成などは、融資を受けるに当たって好材料となります。そのようなものは、いってみればトランプのカードみたいなものです。
カードは、後で活用するために残しておきましょう。

例えば、有担保が条件となっている融資でなければ、無担保で銀行に融資を申し込んでみて、融資を断られそうになったり、銀行が有担保、定期作成等を条件にしてきたときに、初めてそのようなことを行えばよいのです。またその時になってはじめて銀行にその提案をすればよいのです。はじめから担保を入れたり、定期を作成することを銀行に提案する必要はありません。

もしうまくいって、無担保で特に条件なく、融資を受けることができれば、今後その銀行で融資を受けようとするときや、別の銀行で融資を受けようとする時のために、担保、定期作成等を材料としてとっておくことが可能となります。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop