2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 決算書を見なければ融資審査ができない

決算書を見なければ融資審査ができない

最近、「私の会社は融資を受けられますか」という質問をたくさんいただきます。

質問をいただけるのはありがたいことなのですが、しかしこの質問、あまりにも抽象的すぎます。

銀行は、決算書を見ないことには、融資審査を行うことができません。
決算書もお借りできず、ただ「売上がいくらあって、利益がいくらあります。はたして当社は融資を受けられますか」というように質問されても、答えることは不可能です。答えられても、その答えには10%くらいの信ぴょう性しかない、と思ってください。

例えば、税金が滞納している、既存借入の返済が滞っているなどの状態の企業の方に、「融資は受けられますか」と質問されても、「受けられないです」と答えることはできます(実際には秘密のテクニックがあって、相談コーナー(http://ginkou.moo.jp/yushisoudan.html)から相談された方には、お答えしてますが)。

しかしそうでない企業の方から、「融資は受けられますか」と聞かれた場合には、「決算書をFAXして見せてください」と答えるようにしています。

銀行は、決算書を見ないことには、融資審査を行うことができないのです。売上がいくら、利益がいくら・・・と言われても、それだけでは全くといっていいほど融資審査を行うことはできないのです。そのため、融資を受けられるかどうかの質問を決算書なしにされても、回答は不可能です。

資金調達を行うためには、まずは「決算書」です。決算書を見て、対策を立てる、というのが、資金調達の王道です。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop