2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 新聞記事

新聞記事

あなたの会社は、新聞・雑誌等の取材を受けて掲載されたり、またテレビで放映されたりなどしたことはないでしょうか。

新聞・雑誌・テレビなどのようなものは、あなたの会社を銀行によく理解してもらう、良いツールとなります。

なぜなら、新聞・雑誌・テレビなどで伝えられるあなたの会社の姿は、第三者の目から見たあなたの会社の姿だからです。客観的なものであるので、信ぴょう性を感じます。

また新聞・雑誌・テレビなどに出たということは、そういったものからあなたの会社を認められた、ということです。記事として成り立つものでなければそもそも取材を受けないので、あなたの会社の特徴を表現するものとなり、銀行としてはそういったものを見てあなたの会社を理解しやすくなります。

今までに出た新聞・雑誌の記事の切り抜き、テレビ番組のビデオテープを、あなたの会社を知ってもらう資料として、銀行にどんどん渡してください。またこの記事は○○新聞の○年○月○日号朝刊に出たものということも表示してください。そういった細かいデータが、記事の信頼性を高めることにもなります。

せっかくの記事です。記事として掲載されて終わりではなく、その後もアピールする資料として有効利用するようにしてください。

また、現在は新聞社等から声がかかってくるのを待つより、こちらから新聞社等に積極的にプレスリリースをうって、取材してもらうよう仕掛けていっている会社はたくさんあります。あなたの会社も負けないように、マスコミに積極的にアピールしていってください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop