2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 最近の都銀の傾向

最近の都銀の傾向

昨年は、多くの都市銀行が、ビジネスローンに積極的だった年でした。

4〜5年前の、「貸し渋り」という言葉がはやった時代から、大きく転換した感じでした。

しかし、最近は、都銀はまた、融資を引き締めているような感じがします。

東京三菱銀行とUFJ銀行は合併して、選択肢が一つなくなりました。

りそな銀行はビジネスローンは縮小しています。新規客が、融資を受けるのは難しそうです。

みずほ銀行は、外部の保証がついたローンに変えています。

前と変わらないのは、三井住友銀行ぐらいですね。

中小企業にとって、ビジネスローンはとても借りやすかったのですが、最近は厳しくなっていますね。

そのような時代に、中小企業はどうしたらよいでしょうか。

ふだんからの資金繰り改善、試算表作成による現状把握、融資を引き出しやすい決算書の作成など、資金調達、資金繰り改善に向けて、やっておくべきことはいっぱいあります。

社長は、財務のこともしっかり考えた方がいいですね。

もしくは、税理士に相談してもいいかもしれません。コンサルタントに相談してもいいかもしれません。

営業、売上が「攻め」とすれば、財務、資金繰りは「守り」です。

「攻め」と「守り」がしっかりしていなければ、中小企業が長い期間存続するのは難しいです。

都市銀行など、金融機関の融資姿勢がどうなろうとも、資金繰りは大丈夫なように、態勢をととのえておきましょう。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop