2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 保証付融資の今後の予想

保証付融資の今後の予想

信用保証協会の保証料が、今まで一律だったのが、4月1日より企業の資産や技術力に応じて、9段階で設定されるようになりました。

これまで一律1.35%だった無担保融資を受ける際の保証料率を9段階に分け、資産や技術力に応じて、0.5%から2.2%まで9段階となりました。

資産や技術力とはいうものの基本的には信用リスクと考えてよいでしょう。

信用力とは、つまり倒産確率、どれだけ倒産の危険性があるか、ということです。

今までは一律の保証料だったので、信用リスクが低い企業も高い企業も、同じ保証料でした。不公平感がありました。

しかし今後は信用リスクが低い企業は低い保証料、信用リスクが高い企業は高い保証料ということで、不公平感はおさえられるでしょう。

また、私の見解としては、信用リスクの高い企業、つまり業績の芳しくない企業などにとっては、この保証料の改定が、審査を通すにあたってよいことと思います。

保証料の幅があるということで、信用保証協会としては、保証審査を通しやすくなったのです。リスクの高い企業には、高い保証料を設定すればいいですから。

保証料が高ければ、もし万が一貸し倒れても、カバーできる金額が大きくなります。今までは保証審査を通さなかった企業でも、高い保証料でカバーすればいいので、審査を通しやすくなったのです。

信用保証協会を有効に活用することが、資金調達をうまく行うためのカギとなります。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop