2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 資本の部

資本の部

決算書には、必ず貸借対照表があります。

貸借対照表は、

資産=負債+資本

という構造になっています。

負債は、別名、他人資本といって、借入、買掛金など、他人から資金調達したもの(買掛金も、支払いを待ってもらっているので資金調達の一種です)です。

一方、資本は、別名、自己資本といって、資本金、繰越利益など、他人から資金調達したものではなく、自力でのものです。

資本は、純資産ともいって、その会社は持っている資産から他人に支払わねばならない負債を引き、最終的に手元にいくら残るかを意味するものです。

銀行が、一番重視するのは、この「資本」です。(「資本金」と「資本」は区別してください。)

資本の部の合計がマイナスであると、いわゆる「債務超過」です。

「債務超過」となると、銀行は手を引きます。そうなると、融資を受けるのは難しいですし、銀行からかなり厳しいこと(返済など)をいわれるようにもなります。

そのため、「債務超過」は絶対避けたいのです。

それでも債務超過になるのであれば、それはもう「事業再生」「企業再生」を行っていかなければなりません。

その領域に入ってしまった企業の方は、次のメルマガを読んでください。
事業再生・企業再生メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000192466.html新しいウィンドウでページが開きます。

債務超過となると、資金繰りを融資に頼るのは困難です。顧問税理士、コンサルタントなどのアドバイスも受けながら、会社を立て直していく必要があります。

また資本の部がプラスでも、資産で決算書上に計上されている価値が毀損されている場合、例えば返ってくる見込みのない売掛金、受取手形、貸付金などが計上されている場合、それは決算書で計上されているほどの価値はなくなります。

そうすると、決算書上の金額と実際の価値の金額との差額を、資本の部合計から引くと、マイナスとなる場合、決算書上では資本の部がプラスでも、実質的にはマイナスということで、

「実質債務超過」

ということになり、この場合も銀行の評価は厳しくなります。

債務超過にならない経営を心がけ、そして債務超過となった場合は対策を立てることが、銀行対策上では必要です。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop