2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 日銭商売の運転資金

日銭商売の運転資金

お客さんから商品代金を現金でもらう小売店・飲食店など、いわゆる日銭商売の企業は、売掛金がほとんど発生しないため、売掛金の回収に日数がかかることによる運転資金の需要は発生しません。

またこのような業種でも在庫をかかえなければなりませんが、売上が落ちつくと在庫は一定量になるので、そうなれば新たな運転資金の需要は発生しません。

とすると、このような業種は、融資の必要が生まれるのは店舗の内装など、設備投資のための資金のみとなります。

しかし、このような業種の企業でも、設備投資するわけでもないのに融資を受けたいという場合があります。

売上が伸びてきているのであれば、在庫も多くなっていくので運転資金の需要は発生するのですが、そうでなければ、日銭商売の業種の企業が融資を必要とするのは、「赤字を補填するため。」となります。

基本的に日銭商売の業種は、設備投資をしたり売上が伸びてきていたりするのでなければ、融資を受ける必要はないのです。

しかし、それでも融資の必要があるのであれば、それは、実際は「赤字補填」にまわるのではないか?と自ら疑ってかかる必要があります。

赤字補填にまわすために融資を受けると、利益から返済するわけではないので、どんどん借入金がふくらんでしまうのが、通常です。

赤字を黒字にする対策は、融資を受けて手元に現金預金が一時的でも豊富にあると、どうしても安心してしまい、後回しになってしまいます。

その「後回し」が、後に多額の借入金という結果になってしまいます。

そう考えると、融資を受けてもそれが実質的に赤字補填にまわってしまうのであれば、早急に赤字を黒字にする対策をうつ必要があります。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop