2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > わけのわからないお金の使い方

わけのわからないお金の使い方

私が、いや私だけでなく銀行員のみんなが、いやだった決算書、それは、

「よくわかんないところにお金が流れ出ている決算書」

です。

「よくわかんないところ」、これは銀行員独特の感覚ですが、例えば、次のようなものが例です。

・経営者に多額の貸付金や仮払金が出ている。
・わけわかんないところに多額の貸付金や立替金などがある。
・出資金や貸付金でわけわかんない会社にたくさんお金が出ている。

私は財務のコンサルタントとして多くの企業の例を見ていますが、よく思うのが、「わけわかんないところにたくさんお金が出ているな。」という中小企業が多いということです。

あなたの会社の決算書の中で、貸借対照表を見てください。

「前渡金」「立替金」「前払費用」「貸付金」「未収入金」「仮払金」

これらは、雑勘定といって、銀行員の感覚で言えば、

「本当にこれって資産としてみなしていいの?」

というものです。

これらの金額が多額になると、銀行員としては、その内訳一つ一つを見て、本当に資産としてみなしていいのか、注意深く見ます。

また「投資有価証券」「出資金」などの金額が大きくなると、銀行員は

「社長、利益も大してでていないのによく投資する余裕があるよ・・・」

と思います。

これらの科目は、事業とは関係ないところで会社のお金が流出していったことが表現されやすいです。

本業がしっかり利益を出せていて、それを新しい分野に投資したりするのは正常な事業活動ですが、本業が利益を出せていないのに、「もうけ話に乗りたい」「知り合いから借金を頼まれたから」などの理由でお金を流出させてしまうのは、自殺行為といってもいいぐらい、危険なことです。

このようなことになりやすいのは、銀行から融資を受けられて、一時的にでも現金預金が豊富な時です。

手元に現金預金が豊富にあり、いい気になって本業とは関係のないことにお金を流出させてしまうと、将来はこわいことになります。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop