2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 高金利融資の金利引き直しを安易に行うと・・・

高金利融資の金利引き直しを安易に行うと・・・

出資法で定められた上限金利29.2%と、利息制限法で定められた上限金利15%〜20%、日本にはこの二重金利が存在します。

昨年の最高裁判決により、利息制限法を越えた金利は無効とされたことにより、最近では、利息制限法を越える支払い過ぎた支払利息を取り返そうとする、いわゆる「金利引き直し」を行う人が増えています。

このことは新聞などにも多く取り上げられているので、自分もやってみようと思ったり、もしくはすでに行った方も多いのではないでしょうか。

しかし、そこに落とし穴があります。

マスコミでは全然取り上げられていないのですが、「金利引き直し」を行うと、ブラックリストに載ってしまうのです。

ブラックリスト、というリストは存在しないのですが、言い換えると、個人信用情報に、事故情報として載ってしまうのです。

ブラックの人に、融資を行う金融機関はめったにないでしょう。

安易に利息の引き直しを行うと、ブラックになりその後お金を借りることに大きな支障が出てしまいます。

もうお金を借りないと心に誓った人や、高金利でお金を借りすぎてどうにもならない状態の人は、金利引き直しにより支払いすぎた利息を取り戻して再起をはかるのもよいですが、支払いすぎた利息を少額しか取り返せない人や、今後も融資を受け続けていきたい人は、金利引き直しによりブラックとなることで将来どうなってしまうのでしょうか。

マスコミの情報に乗せられ、安易に利息引き直しをするのはやめてください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop