2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 会社再生の決断を一か月遅れると・・・

会社再生の決断を一か月遅れると・・・

銀行から融資が受けられず、一方、毎月の返済はかさんでいく。

経営者としては、とてもつらいことです。

毎月返済を続けることにより会社の現預金がどんどん減っていく。

この状態は、利益の中で返済を行うことができず、時々資金調達をして現預金の減少分をまかなう必要がある、という状態です。

そのような状態の場合、銀行から資金調達ができるかどうか。

資金調達ができなければ、一方では返済がどんどん進み、現預金はどんどん減少していくことになります。

そのような状態に置かれた企業の、経営者の恐怖。これは、言葉では言い表せないものだと思います。

ではそうなったら、どうすればよいか。

それは、リスケジュールしかありません。リスケジュールとは銀行に返済の減額や免除を申し出ることです。

それを行った企業のほとんどが、一気に資金繰りが楽になり、資金繰りの悩みが少なくなった経営者は業績アップの活動に注力することができ、その結果多くの会社が業績回復しています。

また利益が出るため返済が再開され、再び新たな融資が受けられるようになっています。

しかし、粉飾決算により融資を受けたり、商工ローンにより高金利の融資を受けたり、親族や知人を保証人として巻き込んで融資を受けたりして、資金調達できたら、

「資金調達できたから問題は解決した。」

と勘違いしてしまう経営者、本当に多くいます。

本当の問題解決は、赤字を黒字化することです。それを、資金調達して現預金ができたから問題解決した、と勘違いしてしまう。

「現預金が多くあるから安心。」

・粉飾決算で、違法に借りたのに?
・商工ローンで、とても高金利なのに?
・親族や知人を保証人として巻き込んだのに?
・親族や知人のなけなしのお金を借りたのに?
・親族でない役員や従業員を保証人としてまでお金を借りたのに?

それなのに、「現預金が多くあるから安心。」「資金調達できたから安心。」と、問題の本質を見つめない。

このような企業は、ほとんどの場合、数か月後により大きな問題を抱えてしまうことになります。

会社を再生させる決断は、一か月でも早く行うべきです。

粉飾決算、商工ローン、保証人巻き添え、親族や知人からの借金。

あまり勧められたものではないのですが、それでも借りられた瞬間に、一方では銀行に返済の条件変更を依頼し、一気に資金繰りを楽にし、いかに業績を上げていくか、取り組まなければなりません。

その決断が1か月でも遅れると、1か月分の返済のお金がなくなり、苦しい状態になります。

・孫が生まれるからリスケジュールの交渉は後でいいや。
・今はかきいれどきで忙しいからリスケジュールの交渉は後でいいや。

というように、理由にならない「理由」をつけて決断を先送りする経営者も多くいます。

会社の一大事にも関わらず社長が相談に来ず奥さまや息子が相談に来る、このようなケースも多くあります。

奥さまは、泣いて私たちに会社の窮状を訴え、私たちは解決策を示したのに、その後奥様と社長の話し合いがどうだったのか、音沙汰がなくなってしまう。

奥様は危機意識があるのに社長が危機意識がなく、奥様がかわいそうです。

私たちには、会社をどうやって再生させていくか、緊急の資金繰りはどうやっていくか、そのノウハウがありますが、経営者が決断できないばっかりにこちらとしても身動きできない。これほどもどかしいことはありません。

前に相談に来られた方は、1か月で連絡がとれなくなってしまいました。もう1か月、相談が早ければ夜逃げすることなかったのに・・・と悔やまれます。

私たちは解決策を示し、では一緒に会社を立て直していこうと、一度は社長が決断したにも関わらず、その後、経営者の危機意識のなさから伸ばし伸ばしになっている会社、多くあります。

そのような経営者が思うことはたいてい

「今ふんばればそのうち何とかなるだろう。」

というあいまいなものです。

決断を伸ばせば伸ばすほど、会社再生ってやりにくいんです。

とにかく、いかに早く経営者が決断するか。

事業再生、会社再生にはこれしかないです。

経営者が決断をしなければ、誰が決断するのでしょうか。

「通帳にお金が多少でもあるから。」という油断から、多くの会社が手遅れになっています。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop