2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 事業融資は「住宅ローン」ではない

事業融資は「住宅ローン」ではない

中小企業経営者と話をしていると、銀行からの事業融資を、住宅ローンと同じ感覚でとらえている方が多いことに気がつきます。

何かと言いますと。

企業で借りる事業融資は、完済、を目指すべきではない、ということです。

一方で、個人で借りる住宅ローンは、完済を目指してください。

多くの中小企業経営者は、銀行から融資を受けることを「悪」と考えています。

そういう経営者は、「無借金経営」を目指そうとします。

しかし、無理です。

無借金経営を目指すべきではありません。

無理なのに無借金経営を目指すと、どうしてもギリギリの、現金預金保有量で資金をまわそうとします。

以下のAとB、どちらの会社が、資金繰りがまわっていて安全な企業、と言えるでしょうか。

A.現金預金100万円借入金5,100万円
B.現金預金3,100万円借入金8,100万円

当然、Bの会社の方が、安全な企業、ということになります。

多くの中小企業経営者は、無借金経営を目標に置いています。

そうすると、現金預金が尽きる寸前まで、借入をせずに資金をまわそうとします。

そうなるとAのように、現金預金がギリギリとなります。

その時に、銀行から融資を受けようと思って受けられるなら、まだいいです。

しかし、融資は経営者が望めば、出てくるものではありません。

審査が通らなければ、どうでしょう。もうAの会社は、アウトです。

無借金経営を目指した経営は、こんなにもおそろしいものです。

事業を営むには、当然、運転資金が発生します。設備資金も発生します。

売上が大きくなればなるほど、売掛金や在庫が多く発生します。それで資金が足りなくなり、銀行から融資を受けて資金を確保します。

設備投資を行うにあたっても、銀行から融資を受けて資金を確保します。

このように、銀行から事業資金を受けているという状態は、企業が事業活動を行っていくためには「当たり前の状態」なのです。

無借金経営を目指すためには、キャッシュフローをいかに多くするか、を第一に考えなければなりません。

キャッシュフローの簡易計算式は次のとおりです。

キャッシュフロー=利益+減価償却費

キャッシュフロー計算書を作れば正確なキャッシュフローが計算できますが、それが難しいのであれば決算書内の損益計算書を見て、上記計算式で計算してみるとよいでしょう。

キャッシュフローが返済額を上回ると、現金預金量は減らさずに、借入残高を減らしていくことができます。

そうすると、無借金経営、に近づいてきます。

一方で、キャッシュフローが返済額を下回ると、返済が進むにつれ、現金預金量が減っていくことになります。

そうなった場合、新たな借入を起こせばよいのです。
(そのような場合に銀行の審査が通らないのであれば、別のやり方があります。私の会社までご相談ください。要綱は下方にあります。)

無借金経営を目指す企業は、そのような必要な時に、借入を起こさず、現金預金をギリギリな状態でがんばろうとします。

しかし、そのようなやり方は限界が絶対にきます。資金繰りをまわしていくにあたって、大変危険です。

無借金経営は、キャッシュフローをいかに大きくするか、という観点からしか、目指すことはできません。

無借金にしたいのなら、まずはいかに、利益を大きくするか、そちらを考えるべきです。それが結果として、無借金経営に近づいていくことになります。

そのような考え方をせずに、ただ「返済が進んでいる」という事象だけを見て無借金経営を目指すと、大変危険です。

企業は、銀行から融資を受けている状態が「当たり前の状態」なのです。
無借金経営の企業の方が「異常な状態」なのです。

一方で、個人で受ける住宅ローンは、完済を目指します。住宅ローンは、給料が返済の原資になります。毎月の給料で支払える返済金額に抑えているから、完済を目指せるのです。

もう一度、次の2つの会社を見てみます。

A.現金預金100万円借入金5,100万円
B.現金預金3,100万円借入金8,100万円

無借金経営を目指す経営者は、Aの状態を目指します。

一方で、安全な資金繰り、安全な経営を目指す経営者は、Bの状態を目指します。

Bの会社の方が、ずっと健全な姿です。

無借金経営を目指す企業には、このような落とし穴があります。

安易に、無借金経営を目指さないでください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop