2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 将来期待できる商品や技術

将来期待できる商品や技術

銀行員が、よくうのみにするのが、この「将来期待できる商品や技術」です。

融資を申し込むにあたって、企業が、自社独自の商品は技術を銀行にアピールし、この商品や技術が、将来これだけの売上増加につながる、ということを、事業計画書にして、説明します。

銀行員は、このような将来性の高い(ように見える)商品や技術を「すごい!」と思い、通常なら融資は出ないような会社でも、融資を出すことは多いものです。

そのため、いかに、斬新な商品や技術を、それが将来どれぐらいの売上増加につながるか、銀行にアピールするかは、銀行から融資を引き出すための有効な手、ということになります。

はっきり言って、銀行員がそのような商品や技術を、目利きするのは無理です。

銀行員は、その分野の専門家ではありません。あらゆる業種と融資取引をしており、ある特定の分野で専門的な知識がある、というわけではないのです。

そのため、この商品や技術は、将来このように広がっていく、というような事業計画を、もっともらしく書けば、銀行員は「すごそう!」とうのみにします。

私たちにご相談いただく会社の中で、

「銀行から、わが社の商品(技術)は高く評価してもらっている。」

ということを、よく聞きますが、実態はこのようなものです。

その分野の専門家が、商品や技術を高く評価するのならまだしも、その分野の素人である銀行員から高く評価してもらっても、それで自社の商品や技術はすごいんだ、と自信を持ってもしょうがないのです。

ただ、それで通常は融資が出ない会社でも、融資が出てしまうことは多いのです。

そして、せっかく出た融資を、食いつぶしてしまいます。

資金が尽きそうになり、また前回の繰り返しで、自社の商品や技術をしっかりアピールした事業計画書を作り、銀行に融資を申し込むとどうなるでしょうか。

そうすると、やっぱり融資は出てしまうのです。

事業が赤字でも、将来性が期待できる商品や技術をアピールした事業計画を見てもらって出た融資は、ほとんどの場合、赤字の補てんに消えてしまいます。

そうなると、借入金はふくらんでしまう一方。

しかし、融資は永遠に受け続けることができるわけではありません。借入金がふくらんでいき、やがて限界がきます。

そうなると、残ったのは莫大な借入金と、赤字体質のままの事業、ということになります。

あなたの会社は、このようなことになっていないか、見直してみてください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop