2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 余計なことにお金を使わないで!

余計なことにお金を使わないで!

私の会社は資金調達のお手伝いもできます。

そのことで、ひとつエピソードがあります。

ある会社、A社とします。A社の社長から資金調達の相談を受け、私の会社のルートで1,000万円の資金調達ができました。

私は、この資金調達が実現できたことで、A社の資金繰りはうまくまわるだろうと、喜んでいました。

しかし・・・

なんと、A社の経営者は、知り合いのB社の社長から

「今月お金が足りなくて倒産する。なんとか700万円貸してくれ。」

と言われ、融資を受けた1,000万円のうち、700万円を貸してしまったのです。

B社は厳しい会社で、A社に返すことはできていません。

当然、A社もすぐに資金が不足し、私の会社に、再度資金調達のお手伝いを依頼してきたのです。

私は断りました。当たり前です。

A社のために資金調達のお手伝いをしたのであって、A社がB社に貸す資金の調達をお手伝いしたのではないのです。A社は破綻し、私たちも、金融機関に迷惑をかける形となってしまいました。

このようなこと、あなたにも身に覚えはないでしょうか。

資金によほど余裕のある企業ならまだしも、そうでないのであれば、余計なことにお金を使えないはずです。

例えば・・・

・知人の会社や、個人から頼まれてお金を貸すこと。
・儲け話が舞い込んできて投資をしてしまったこと。
・事業の見通しが立っていない新事業のために別会社を作りそこにお金をつぎこむこと。
・社長個人での、遊びや贅沢、投資話のために社長にお金を出すこと。
・必要もない不動産を、ただ不動産を所有したいという所有欲のためだけで買うこと。

など。これらはいずれも、本業とは関係のないことです。

中小企業が、そんなことで会社からお金を流出させてしまえば、資金繰りが悪化するのは目に見えています。

資金繰りが厳しいのは、本業とは関係のない、余計なことにお金を流出させてしまっていることがひとつの要因であるケースは多いです。

貸借対照表を見れば、その会社はどのようなことにお金を流出させているか、分かります。

・知人の会社や、個人から頼まれてお金を貸すこと。
 
→知人の会社や個人への貸付金

・儲け話が舞い込んできて投資をしてしまったこと。
 
→その事業や事業会社への出資金や有価証券、貸付金

・事業の見通しが立っていない新事業のために別会社を作りそこにお金をつぎこむこと。
 
→別会社への出資金や貸付金

・社長個人での、遊びや贅沢、投資話のために社長にお金を出すこと。
 
→社長個人への貸付金

・必要もない不動産を、ただ不動産を所有したいという所有欲のためだけで買うこと。
 
→過大な有形固定資産

一方で、負債の部を見ると、借入金勘定があります。

貸借対照表を見ると、借入金が実質、どこに流れているかが分かります。

例えば、

貸付金(知人の会社) 25百万円
貸付金(赤字の別会社)30百万円
出資金(赤字の別会社)20百万円

借入金が200百万円。

としますと、

借入金200百万円のうち、75百万円が、余計なことに実質的に使われていると見ることができます。

このような余計なことにお金を使わなければ、この会社の借入金は125百万円ですんでいるはずです。

余計なことにお金が流れている会社は、資金繰りが苦しくなるはずです。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop