2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 融資受けられない+手形を切っている会社の落とし穴

融資受けられない+手形を切っている会社の落とし穴

次の2点がいずれも当てはまる中小企業は多いのではないでしょうか。

1.銀行から融資が受けられない。
2.買掛金の支払いなどで手形を切っている。

このような企業は、より資金繰りに注意を払っていただきたいです。

銀行から融資が受けられないと、よほど利益の上がっている企業でない限り、手元の現金預金が減少していくことになります。

例えば、次のような企業があるとします。

年間の売上400百万円当期利益1百万円、減価償却費9百万円
借入総額200百万円毎月返済金額5百万円

簡易のキャッシュフロー計算式で、年間キャッシュフローを計算すると

当期利益1百万円+減価償却費9百万円=年間キャッシュフロー10百万円

となります。

年間返済金額は60百万円(5百万円×12ヶ月)なので、

年間返済金額60百万円>年間キャッシュフロー10百万円となり、このような企業は単純に計算して、60百万円−10百万円=50百万円、現金預金が減少していくことになります。

このような企業の場合、年間で減少する現金預金50百万円は、融資を受けて補うことになります。このような融資を銀行用語でハネ資金と言います。名目は運転資金での融資となりますが、実際はキャッシュフローで返済できなかった分を融資を受けて補う形になります。

しかし、問題はこのようなハネ資金の融資が受けられない企業、つまり業況などを銀行に厳しく見られて、新たな融資が受けられない企業です。

そのような企業の経営者として、もっともやってはいけないこと、それは資金が足りない分を、手形を多く切ることによって乗り切ろうとすることです。

例えば、現時点で支払手形が20百万円あるとしましょう。

上記例の企業で、年間50百万円の現金預金が減少し、その分を補てんする融資が受けられないとすると、やってしまいがちなのが、その不足分を、手形を切ることによって補おうとすることです。

1年後、支払手形は20百万円+50百万円=70百万円となります。

資金不足分を手形で資金繰りすることにより、支払手形はどんどん膨らんでいき、1年後は多額の支払手形となります。

しかし、支払手形は永遠に増やし続けていくことはできません。

行き着く先は、支払手形の不渡り→倒産、となってしまいます。

上記例の企業の場合、融資が受けられず資金繰りがまわらないのであれば、やるべきことはリスケジュール、つまり返済条件の変更を銀行に交渉することです。

毎月の返済金額5百万円を、ほぼ0円までに持っていくことができれば、支払手形を増やしていくことなく、資金繰りがまわるようになっていきます。

しかしリスケジュールすることなく、無理に返済を続けようとすると、後に多額の支払手形を抱えることになってしまいます。

銀行融資はリスケジュールして毎月の返済金額を減らすことができますが、支払手形はそんなことはできません。手形ジャンプという奥の手はありますが、銀行融資のリスケジュールの方がずっとやりやすいです。

1.銀行から融資が受けられない。
2.支払手形を切っている。

この2点に両方当てはまる企業は、気をつけてください。

不渡り=倒産、となってしまわないために。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop