2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 預金ロックに気をつける

預金ロックに気をつける

銀行から融資が受けられず、資金繰りが詰まっている際に行う、既存融資の返済減額交渉、つまりリスケジュール交渉を行うには、その交渉を行う銀行の預金口座からお金を抜いて、延滞状況にしておく、のはセオリーです。

リスケジュールの希望を銀行に持ちかけると、たまに、銀行が自社の預金口座を動かせなくすること、いわゆる預金ロック、を行ってくることがあります。

預金ロックはいきなり行ってきます。これが行われる場合、多額の預金をその口座に入れておくと、資金繰りに大きく支障が出ます。

それを防ぐには、何よりも預金口座からお金を抜いておく、ということが必要です。

1%でも預金ロックの可能性があるのであれば、つけいるスキを与えない、という姿勢が必要です。

また売掛先に、これら預金口座に振込をされないよう、預金取引のみの銀行口座への振込先の変更を依頼しておく必要があります。

それと、気をつけておかなければならないのは、連帯保証人の預金口座もロックをかけてくることがある、ということです。

リスケジュールの交渉を行う銀行に、連帯保証人の預金口座があるのであれば、あらかじめそれらの口座からもお金を抜いておかなければなりません。

定期預金があるのであればそれも解約して抜いておかなければなりません。
(定期預金の解約は、銀行から抵抗があるかもしれないですが、なんとかやりとげてください。)

まとめると、

1.リスケジュール交渉を行おうとする銀行の預金口座は、お金を抜いておく。

2.連帯保証人の預金口座からもお金を抜いておく。

3.後でそれら口座からお金を振込されないように、売掛先などに振込口座の変更を依頼しておく。

ということです。ここを軽く考えたばっかりに、後でとても苦労することがあります。気をつけてください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop