2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > ノンバンクからの借入

ノンバンクからの借入

商工ローンやビジネスローン専門金融機関、不動産担保融資専門会社など、ノンバンクからの借入れを銀行に知られてしまうとどうなのか、という質問は、よくいただきます。

銀行から見ると、ノンバンクからの借入れがある企業は、そうでない企業よりは、融資を出さないというわけではないですがやはり、融資審査に慎重になってしまいます。

通常であったら銀行から融資を受けて資金繰りを行うところ、銀行から融資が受けられず、銀行よりも金利が高いノンバンクから借入れした、という見方をされますから、銀行から融資が出づらい企業、という目で銀行は見てきます。

また、ノンバンクといってもいろいろな種類がありますが、それぞれのタイプごとに、そこから出る融資がどういうものか、見てみましょう。

○商工ローン

以前破たんしたSFCGのように、高金利で融資を行う金融機関です。
商工ローンから融資を受けるのは、せいぜい、一時的に資金が足りない状況ですぐに返済のあてのある場合ぐらいにとどめておき、銀行から融資が受けられないからと商工ローンでしのごうとしてはなりません。

○ビジネスローン専門金融機関

ビジ○○○トのように、融資の金額は数百万円と少額で、金利も10%あたりと銀行に比べて多少高い融資を出す金融機関で、多くは銀行の資本が入っています。このような金融機関からの融資を受けるにしても一時的な資金ぐらいにとどめておくべきです。

○不動産担保専門金融機関

不動産担保融資を専門とする金融機関であり、ア○○○スのような会社があります。金利は一桁台後半から10%前後あたりとなります。担保とできる不動産があるのなら、通常であればそれで銀行から融資を受けるでしょうから、不動産担保金融機関から融資を受けるということは銀行からなかなか融資が受けられない会社、ということが通常であります。

いずれのタイプの金融機関においても、共通するのは、

・銀行からなかなか融資が受けられない企業が使う金融機関であること。

・金利は銀行からの融資よりだいぶ高いこと。

という特徴があります。

これらの金融機関を使う場合に、あらかじめ行っておいた方がよいことは、銀行融資の返済条件の緩和、つまりリスケジュールです。

銀行からなかなか融資が受けられない状態で、これら金利が高い金融機関を使うということは、金利が高い融資で、金利が低い銀行融資の返済を行うという構造になってしまいます。

そうすると、金利の低い融資の残高が減っていって金利の高い融資の残高が増えていくことになり、企業にとってはとても良くない状況になります。

だから、これらノンバンクから融資を受けるにあたっては、銀行の融資はリスケジュールを行い、金利の高い融資で金利の低い融資を行うという構造にしないことが前提となります。

そしてノンバンクから受けた融資は、会社を立て直すための資金とします。

銀行から融資が受けられない状況は、業績が芳しくない状況であり、立て直しを意識的に図っていかねばならない状況です。

例えば、銀行融資の返済が毎月2百万円あり、現在の現金預金残高が3百万円で、銀行から融資は受けられず、ノンバンクから5百万円の融資だけはなんとか受けられる状況の企業を見てみます。

銀行への毎月の返済2百万円を、リスケジュールによって0円にし、ノンバンクから融資を5百万円受けて現金預金残高を8百万円にし、それを手元に会社の立て直しを図っていきます。

それが、リスケジュールを行わないでノンバンクへの返済だけを行ってしまうと、現金預金残高がノンバンクから5百万円の融資を受けて一時的に8百万円になっても、毎月2百万円ずつ減っていくことになります。あと数か月で資金不足となり企業は破たんしてしまうことになります。

だから、リスケジュールによって銀行返済を0円にしておくことが、会社の立て直しのためにはとても重要なのです。

ノンバンクは、銀行より融資の審査がゆるいので、万が一の時にやっと使ってもよい金融機関です。

ノンバンクからの融資は、「会社立て直しのための最後の資金調達」という見方をしてください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop