2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 試算表を銀行に提出する重要性

試算表を銀行に提出する重要性

試算表提出の形で、現在の財務状況、経営状況の情報開示を求めます。

あなたの会社は、銀行に試算表を定期的に提出していますでしょうか。

決算書とともに、試算表は、銀行があなたの会社の業績を知るためには重要な資料となります。あなたの会社が提出しようとしなくても、銀行から試算表の提出を求めてくるでしょう。

ただ銀行から求められてから試算表を提出するより、あなたの会社から銀行に試算表を提出した方が、銀行から見れば、あなたの会社に対する信頼性が高くなるでしょう。

また試算表の提出は、3ヶ月に1度はやった方がよいですし、出来れば毎月、試算表を提出した方がよいでしょう。

そもそも銀行は、なぜ中小企業への融資に慎重になるのか。その大きな理由の一つは、企業の情報開示不足、です。

財務状況がリアルタイムでどうなっているのか、利益が出ている会社なのかどうか、それが分からない会社に、銀行は融資をなかなか出せないでしょう。

試算表の提出もなく、1年に1回、決算のときにしか、経営数字が分からない会社は、銀行としては融資を出すのがこわいでしょう。

そのため、銀行は企業に、試算表提出の形で、現在の財務状況、経営状況の情報開示を求めます。

「情報開示」をしておくことによって、融資を受けられるチャンスが増えていきます。

一方、試算表そのものを、作っていない会社もあります。

経理の事務を行う人がいなかったり、顧問税理士に丸投げであったりするのが理由でしょう。

しかし、そのような会社は、すぐに毎月試算表を作成する体制を作るべきです。

そもそも試算表を作っていない会社は、1年に1回の決算書が出来なければ、1年たってみなければ、黒字か赤字かも分からないのです。その間、赤字であれば黒字にする対策をすぐにうたなければならないものを、1年に1回しか業績が分からなければ、そもそもその対策を行うきっかけが出来ないのです。

1年に1回しか業績が分からないような会社に、銀行はおっかなくて融資が出来ませんよね。

試算表が毎月出来てこない会社は、すぐに、試算表が毎月出来てくる体制を作ってください。

そして、試算表を3カ月に1回、出来れば毎月、銀行に提出するようにしてください。提出方法は、銀行への郵送でもかまいません。

また、今まで融資を申し込んだが、だめであった新規の銀行へも、試算表を送っておくのも、融資提案のきっかけ作りとして、よいことでしょう。

銀行は、たえず新規融資先を探しています。融資取引のない企業から試算表が送られてこれば、必ずチェックをし、融資提案が出来るかどうかを検討します。また既存の融資がある企業でも、試算表を銀行員が見ることにより、新たな融資提案が出来るかどうかを考えます。そのきっかけとして、試算表は大変有効なものです。

試算表を提出して「情報開示」をしておくことによって、融資を受けられるチャンスが増えていきます。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop