2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 回収できない売掛金を銀行はどう見るか

回収できない売掛金を銀行はどう見るか

売掛金が回収できない場合の対応

あなたの会社が、売掛先から売掛金が回収できない。

その理由はいろいろありますが、売掛先の事業が停止せず通常営業を行っているのであるのであれば、すぐにでも回収に動かなければなりません。

(あなたの会社が売掛金が未回収になることが多ければ、弊社コンサルタント・道家健一の著書「お金を回収する交渉技術」を一読ください。→http://bit.ly/c9PgjH)

問題は、売掛金が返ってくる見込みがほぼない、つまり売掛先が事業を停止してしまったり、もしくは倒産してしまった場合、銀行はどう見るか、です。

銀行は、融資審査を行う時に、あなたの会社の決算書を、8割のウェイトを置いて見ています。

貸借対照表の純資産がマイナスであるとどうなるか

貸借対照表においては、右下にある「純資産」がプラスでなければ、融資を受けられる可能性はほぼ0になります。

だから、貸借対照表においては、純資産をプラスになるにはどうすればよいかを考える必要があります。

また、貸借対照表の表面上は純資産がプラスでも、資産の部にある資産が、資産価値のないものであったら、その分は純資産から差引きされて計算されます。

貸借対照表において、純資産は

資産-負債

ですから、例えば、

資産50百万円-負債45百万円=純資産5百万円

と純資産がプラスであっても、資産の価値が実質40百万円しかないと、

実質資産40百万円-負債45百万円=実質純資産△5百万円

となります。純資産がマイナスであることを債務超過と言いますが、この場合は表面上は債務超過でなくても実質的に債務超過ですので、実質債務超過、といいます。

実質債務超過であっても、銀行から融資を受けられる可能性は限りなく低くなります。

資産価値を注意深く見られやすい項目の一つに、売掛金、があります。

例えば、売掛金が30百万円あっても、そのうちの10百万円の売掛金が回収見込みのない不良売掛金であれば、実質売掛金は20百万円とみられます。

ですから、売掛金を銀行にどう見られているか、は気をつけておかなければならないことの一つです。

銀行が不良売掛金をどう発見するか

では、銀行が不良売掛金をどう発見するか。

次の2つのパターンがあります。

1.売掛金が、前の決算書と同じ金額である。

例えば、A会社に対する売掛金が、前の決算書の勘定科目明細では8,530,000円、今回の明細でも8,530,000円、計上されていたとします。

1年をまたいで、売掛金が全く同じ金額であることは通常ありえないですから、このパターンは不良売掛金とみらやすいです。

2.売掛金の勘定科目明細で「その他」に計上されているものが異常に多い。

売掛金の勘定科目明細をみると、

 B社  4,240,000円
 C社  1,490,000円
 D社    747,000円
 E社   126,000円
 その他 9,420,000円
 合計  16,023,000円

となっていたとします。

E社が126,000円なのに、その他で9,420,000円で上がっているのは、明らかにおかしいです。

これを見ると、銀行は「ここに不良売掛金が隠されているな」と見ます。

もちろん、倒産した売掛先の会社名が表示されていて、銀行はその売掛先の会社名を調査して倒産している会社とはじめて分かって、それを不良売掛金とするのが通常ですが、ただ銀行も、売掛金の勘定科目明細にずらっと並んでいる売掛先、1社1社、調査するのも大変ですから、倒産した売掛先の会社名が表示されていても、案外、銀行は分からなかったりします。

ただ、この2つのパターンは、銀行にとって不良売掛金を見抜くパターンなので、そこは頭に入れておいてください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop