2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 返済したい!

返済したい!

今回は資金繰りに余裕のある企業への情報です。

そのような企業は、取引金融機関数を少なくしたい、低利で借り換えしたいというニーズを持っている場合もあるでしょう。

また、所有不動産等についている抵当権・根抵当権を抹消するために、融資を返済したい、というニーズがある場合もあります。

しかし、そのような企業は銀行としては、「お金を貸したい」企業であり、銀行に融資の一括返済を申し出ても、返済になかなか応じてくれない、という場合があります。

その場合、企業としては困ってしまいます。融資残高が残っていればその融資には利息がかかります。返済が一日一日延びれば、それだけ支払利息が増えていきます。

銀行に返済を応じさせる、何か良い方法はないでしょうか。

良い方法の一つに、返済したい銀行の口座に、返済用の資金を何の前触れもなく、一括で入金する、という方法があります。

銀行は、自行の取引先の口座への大口の入金は絶えずチェックしています。
その一番の理由は、投資信託等の資金運用をセールスするためなのですが、融資先企業の口座に大口の入金があったら、銀行は「これはなんの入金だろう」と思うはずです。

そして、入金後、銀行に訪問します。そこで、再度返済意思を伝えるのです。

返済の意向を銀行に伝えてもなかなか応じてくれない場合、この方法は効きます。企業の、融資返済に対しての本格的な意思が見えるからです。

例えば、A銀行から3,000万円の融資を1本だけ借りていて、取引行整理のためにA銀行との取引を解消したく融資返済したい場合、返済申し出してもなかなか応じてくれない場合、返済用の3,000万円の資金をA銀行の口座に入金します。そしてその後、返済を再度A銀行に申し出するのです。またその申し出は、入金したその日に、アポイントなしで訪問すると、とても効果があります。

返済したい融資があって銀行が返済になかなか応じてくれない場合は、このような手を使ってください。しかしこの方法は、その銀行との関係を悪化させかねないので、近い将来取引復活させようと思っている銀行へは使わないでください。

 

執筆:今野洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop