2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 士業とコンサルタントの使い分け

士業とコンサルタントの使い分け

企業にはいろいろな専門家が関わっている

企業経営者は、会社を経営する上で、様々な専門家に助けられていることが多いかと思います。

一言に専門家と言っても、様々であり、例えば、決算申告や税務の専門家と言えば税理士。不動産登記、商業登記の専門家と言えば司法書士。
許認可取得の申請手続きの専門家と言えば行政書士。人事、労務の専門家と言えば社会保険労務士。

他にも弁護士や公認会計士、中小企業診断士等、国家資格を持ついわゆる「士業」と呼ばれる方が存在します。その他に、我々のような経営コンサルタントもいます。

経営コンサルタントも、得意分野がそれぞれ分かれます。

財務コンサルタントやマーケティングコンサルタント、人事コンサルタント、業務改善のコンサルタントなど多岐にわたり、またさらに、業種に特化している場合も多くありますので、それこそ数えればきりがありません。

このように、世の中には、様々な専門家と言われる方々がいます。

それぞれが別の分野の専門家ですので、自社の業務内容によって、付き合っている専門家、付き合ったことのない専門家がいると思いますが、どの業種の中小企業でもほぼ付き合っているのが「税理士」ではないでしょうか。

どんな業界の会社であっても必ず、年に一度決算を行いますので、多くの会社は、税理士と顧問契約されていると思います。

顧問税理士とは、定期的に会って話す機会が多いので、仕事に関わる様々な相談をされることも多いかと思います。

特に、数字についての相談が多くなるかと思いますが、専門分野である税務関係以外の質問で多いのは、やはり銀行取引や融資についての相談ではないでしょうか。

しかし、多くの経営者に聞くと、ごく一部の税理士の方から次のような反応があるとも聞きます(一方で大多数の税理士の方は親身になって経営者の相談を受けていることでしょう)。

「うちは融資受けられますか?って聞いたら銀行に聞けって言われたよ。」

「銀行の肩ばっかり持っちゃって、どっちが客だかわかりゃしないよ。」

「うちの顧問税理士は、銀行のこと分かってないから聞いても無駄だよ。」

このような話を聞くと残念なことだと思ってしまいますが、一方では、仕方がないことだとも思います。

なぜならば、税理士は税務の専門家であって、金融(銀行関係)の専門家では元々ないわけですから、そのような質問をされても専門外であり困るわけです。

では、経営コンサルタントの方が優れているのか?

そういうことではありません。

経営コンサルタントを名乗っていても、税務・会計・法律の知識が乏しく、聞きかじった程度のことを、さもそれらしく、間違った指導、提案をするコンサルタントも残念ながら散見されます。

なにより、コンサルタントは「資格」が必要な仕事ではありませんので、名乗るだけならば、誰でもできます。

そのため、このような似非コンサルタントと言われる人が暗躍することもできてしまうのです。非常に残念なことですが。

士業の中には、経営コンサルタント的な活動もしていて、素晴らしい活躍をされている方も数多くいらっしゃいます。

しかし一般的には、士業というのは、法律に定められたルールを適切に行うためのノウハウを熟知し、それを使いこなすスキルを持った方々であり、そこに本来の価値があります。

一方、経営コンサルタントは、各人の持つ経営実務上のノウハウをコンサルティング先企業に活かし、成果を出すことで価値が生じます。

士業とコンサルタントの活用方法の違い

一般的な概念で言えば、おおよそ「士業」と「コンサル」は活用の仕方が違うものと考えた方がよいでしょう。

経営者にとって大事なことは、それぞれのどちらが良い、悪いではなく、自社にとって「必要な情報を得るのに必要な相手」を探すことが重要だということです。

実際、我々もコンサルティング先企業の決算対策時期においては、コンサルティング先企業の社長と顧問税理士と我々の3者で打合せをし、税理士の税務知識と我々の持つ経営ノウハウを絞り出して、コンサルティング先企業にとって最適な決算処理を検討するシーンは多くあります。

身近な相談相手である顧問税理士やその他士業の方々は、コンサルティング先企業である社長の役に立ちたいと心底考えているので、経営者は、顧問税理士等(専門家)に経営相談を積極的にするべきです。

相談をされる側の専門家は、その相談内容が得意分野でないのであれば、適切に対応できる専門家を紹介できる環境作りを怠ってはいけません。

このように、社長と専門家は何でも話せる信頼関係を構築し、一方で、専門家は、コンサルティング先企業の必要とする各分野の専門家をコーディネートできるネットワークの構築ができていることが理想的な関係ではないかと思います。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop