2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 実態バランスシートによりあなたの会社は評価されている

実態バランスシートによりあなたの会社は評価されている

実態バランスシートとは

私は、東京コンサルティング部の 井上貴裕 と申します。
顧問先様へのコンサルティングと同時に、面談相談員も担当しています。

今回は、見えない企業の実態把握をするための、「実態バランスシート」の活用について説明させていただきます。

決算書の中の貸借対照表は、ある一時点の会社の財政状態を表した表で、通常、略してB/S(BalanceSheet)と呼ばれています。

貸借対照表では、経営者が意思決定した結果が、具体的な姿として表されています。

したがって貸借対照表は、会社設立以来の経営理念、経営方針の縮図です。

しかし、実際に企業において作られる、貸借対照表を含めた決算書全体としては、企業の実態を正確に表しているとは言えません。

通常、決算書の数字面ばかりにとらわれがちですが、受取手形・売掛金・棚卸資産等といった資産の数字の裏には、企業の営業活動の実態があります。

そうした実態をも合わせて判断しないと、正しい資産価値は把握できません。

資産性に乏しい勘定科目が含まれていたり、経理処理に一貫性を欠くケースがあります。

そのため、銀行は決算書の数字に修正を加え、より実態を把握するために、実態バランスシートを作成しています。

私が勤めていた銀行では、決算書を融資先企業からいただいたら、まずシステム登録を行います。

それで抽出された決算書に基づいて、決算修正を行います。

それと同時に会社の債務者区分を行います。そこでは、全ての融資先企業を、正常先・要注意先・破綻懸念先等・実質破たん先・破綻先に分類します。

自社の決算書から実態バランスシートを作成して、自社の企業体力を把握してみて下さい。会社本来の姿が見えてきます。

実態バランスシートの作成方法

銀行において、実態バランスシートは、以下のとおり貸借対照表を修正して作成されます。(企業側においても以下のとおり作成してみることができます。)

1.回収不能の資産がある場合は、回収可能額に修正

2.時価のある資産については、時価ベースに修正

3.粉飾によって実態と乖離している資産については、実態ベースに修正

主な勘定科目の修正方法は、次のとおりです。

1.売掛金長期間固定化した回収不能(困難)な売掛金、倒産会社への焦げ付き債権はマイナス

2.受取手形不渡手形、融通手形は不良性資産としてマイナス

3.棚卸資産不良在庫、架空在庫、換金不能な商品はマイナス

4.貸付金(1)関連会社へのものについては、関連会社の健全性を確認して回収不能と見込めばマイナス
(2)代表者・役員へのものについては、個人の収支状況、資産・負債、返済状況等を総合的に判断して回収不能と見込めばマイナス

5.未収入金相手先の支払能力がなければ不良性資産としてマイナス

6.仮払金相手先の支払能力がなければ不良性資産としてマイナス

7.有価証券(1)上場株式等相場があるものはすべて時価評価で修正
(2)未上場株式等、相場のないものについては、発行主体の健全性を確認して修正

8.土地時価に修正

9.建物減価償却不足額を不良性資産としてマイナス

10.出資金(1)関連会社分は健全性を確認し修正
(2)ゴルフ会員権等、相場があるものはすべて時価修正

11.繰延資産将来収益に対する貢献度、期間損益の合理的配分から判断
して修正

※各銀行の修正する判定基準は異なります

実態バランスシート(見本)   (単位千円)

 資産        簿価 掛目・控除 時価・修正額 負債

 現金・預金     5,000                5,000 支払手形  35,000
 受取手形      4,000          4,000 買掛金   15,000
 売掛金       30,000 △10,000    20,000 短期借入金 20,000
 有価証券      1,000  +1,000        2,000 長期借入金100,000
 棚卸資産      50,000  △20,000       30,000 その他負債 10,000
 その他流動資産      4,000                  4,000 負債計  180,000
 土地・建物     70,000  △30,000       40,000
 機械等       30,000                 30,000
 その他有形固定資産  3,000                  3,000
 無形固定資産        2,000                  2,000
 投資等       1,000                  1,000

 合計       200,000 △59,000(※1)141,000  (※2)180,000

上記会社の貸借対照表(簿価上)は、純資産が20,000千円(200,000千円-180,000千円)でした。

しかし修正を加えると、純資産が△39,000千円(※1-※2)で債務超過になっています。

実態バランスシートを作成すると、現状、かなりの会社が債務超過になっていると思われます。

債務超過というのは、危機的な状態であるために、その債務超過額を何年で解消できるか検討して、対応策を考えて下さい。

それを経営改善計画書・5ヶ年損益予定表等に落し込んで、目標を設定して、
強い収益構造、強固な財務体質の会社に変身することが大切です。

以上、実態バランスシートを作成することによって、現状の会社の問題点があぶりだされてきます。

会社の業績が悪化している会社は、早急に対応策を考えましょう。

事業再生するためには、即実行することが重要であります。

 

執筆:井上貴裕

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop