2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 新規銀行が低金利で融資借換えを提案してきた

新規銀行が低金利で融資借換えを提案してきた

金利を低くした融資借換え提案

融資を普通に受けられる企業が時々遭遇するのが、新規銀行から、金利を
低くするから別の銀行の融資の借換えをしてみないか、と提案される場面
です。

例えば、次のような借入状況の企業があったとします。

A銀行 借入4,000万円 金利2.8%
B銀行 借入3,000万円 金利2.2%
C銀行 借入1,200万円 金利1.9%

単純化するため、各銀行からは1本ずつの融資、そしていずれもプロパーの
融資を受けているものとします。

このような状況で、新規のD銀行が、

「今、金利キャンペーンをやっている。A銀行の融資4,000万円を借換えし、
融資5,000万円を1.5%で受けないか。」

と、提案してきたとします。

この場合、D銀行の提案どおり、A銀行からの融資4,000万円は全て借り
換えて、D銀行から借りてもよいのか、というのが今回のテーマです。

この場合、メイン銀行は最も多く融資を受けている銀行、と言葉の定義を
したとすると、メイン銀行はA銀行です。

金利は多少高くとも、A銀行は長年、自社へ積極的に融資をしてくれた銀行
だとします。

この場合、D銀行で5,000万円、融資を受けてA銀行からの融資4,000万円を
全て返済するとします。

そうすると、A銀行は当然、良い思いはしません。

A銀行としては、長年の付き合いはなんだったのか、という感情をいだいて
しまいます。

そして、A銀行は、二度と融資をしてくれなくなってしまう可能性が、高い
でしょう。

A銀行から、もう融資を受けなくてもかまわない、というのでしたら、
D銀行で融資を受けて全額A銀行に返済してしまってもよいのですが、そう
でなければ、このような選択をしてはなりません。

新規銀行からの融資提案を生かす方法

しかし、D銀行の金利1.5%は魅力的ですよね。

この場合、良いやり方としては、D銀行からまず、融資の提案書をもらう
ことです。

その提案書には、融資金額5,000万円、金利1.5%、と記載されることで
しょう。

そして、その提案書をもって、A銀行に話をするのです。

D銀行からの提案書を見せながら、A銀行の人に対し、

「D銀行から、金利1.5%の提案をもらってます。A銀行からの融資全て
を借換えてはどうか、という提案です。しかしA銀行には、長年お世話
になっているから、D銀行で借り換えるつもりはありません。
しかし、D銀行の金利1.5%に比べ、今のA銀行の融資金利2.8%は、
高すぎのように感じます。もう少しなんとかならないものでしょうか。」

と話をします。

こういう話をすると、A銀行としては多少なりとも危機感(他の銀行から
低い金利の融資提案がきていて、自分の銀行はのんびりかまえてられない
という危機感)を抱き、金利を、1.5%までいかなくともある程度までは
引き下げてくれることが期待できます。

しかし、A銀行へのこのような話し方は、ソフト路線です。

ハード路線の言い方はこちらです。

「D銀行から、金利1.5%の提案をもらってます。A銀行からの融資全て
を借換えてはどうか、という提案です。A銀行には長年お世話になって
ますが、ただA銀行の融資金利2.8%は、D銀行に比べてあまりにも差が
ありすぎます。金利引き下げを考えてくれないと、D銀行の提案を考え
ざるをえません。」

ここまで言うと、A銀行はあわてて、上記のソフト路線の言い方よりも
金利を引き下げてくれる可能性が高くなります。また引き下げ幅も、ソフト
路線の言い方より大きくしてくれる可能性が高くなります。

実際にこのような場面になったら、ソフト路線、ハード路線、どちらでいく
か、A銀行との今後のつきあいをどうしていきたいかをふまえた上で、考え
てみてください。

そして、A銀行が融資金利を引き下げてくれたとします。

一方で、せっかく提案をくれたD銀行をどうするか、考えなければなり
ません。

この場合、D銀行からは、1,000万円でも2,000万円でも、融資を受けて
おいた方がよいです。

借換えすることが条件でなくても5,000万円そのまま借入できるなら、借り
てもよいですが、それだけ借りる必要がなければ、今後のD銀行とのつき
あいをしていくことを考え、実績作りのため、1,000万円や2,000万円程度、
借りておくのです。

そうすれば、取引銀行を増やすことができます。

1.リスク分散の観点から、融資を受ける銀行の選択肢を多く持っておいた方がよいこと。

2.取引銀行の数が多いほど、銀行間の競争が働き金利が下がりやすくなること。

この理由で、取引銀行を増やす機会があれば、増やしておくことです。

このようにして、新規銀行の提案を利用して、銀行取引の状況を良くして
いってください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop