2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 全業種中小企業向け、売上が上がる仕組み構築術
  4. > 自社ネットショップとショッピングモールとの使い分け

自社ネットショップとショッピングモールとの使い分け

2011年6月9日号

自社ネットショップとショッピングモールの違い

インターネットで小売りを行う企業にとって、どのような形で商品を販売
するかは、戦術の一つとして、重要な戦術となることでしょう。

自社ネットショップとは、カラーミーショップやショップサーブなどの
ショッピングカートサービスを利用するなどして、自社でネットショップを
構築して商品を売るショップのことを言います。

ショッピングモールとは、楽天やYahoo!ショッピングなどのことを言い、
ショッピングモールに出店して商品を売ることになります。

次に、自社ネットショップとショッピングモールの、メリット・デメリット
を考えてみます。

経費面

自社ネットショップのメリットは、かかる経費の少なさ、です。

毎月の固定費は、ショッピングカートサービスに支払う、月数千円程度の
わずかな金額ぐらいで済むこととと、商品販売ごとのロイヤリティがない
ため、利益が大きくとれることになります。

これが、一方ではショッピングモールを利用することによるデメリットに
なります。

毎月数万円の出店費用とともに、商品販売ごとに数%をロイヤリティとして
支払わなければなりません。

集客の方法

楽天やYahoo!ショッピングなどのショッピングモールを使って出店すること
のメリットは、そのショッピングモール自体が集客力があり、そこで、ある
程度の集客ができる、ということです。

これが、一方では自社ネットショップにおいて、デメリットになります。
自社ネットショップを開けば自然とお客さんが集まってくると思って開業
する人もいますが、いざ開業してもお客さんが集まらず、閑古鳥になって
いるネットショップが多くあります。

SEO対策やリスティング広告などによって自分のネットショップに多くの
アクセスを集めなければ、商品は当然、売れません。そのような、自分で
多くのアクセスを集める努力が必要となります。

ただし、楽天やYahoo!ショッピングなどのショッピングモールでも、出店数
は何万店とあるので、いくらショッピングモール自体に集客力があると
いっても、店舗独自の仕掛けをしていかなければその膨大な店舗数の中に
埋もれてしまいがちになり、そこは工夫が必要となります。

見込み客・顧客へのマーケティング・セールス活動の制限

ショッピングモールでは、キャンペーンを行うなどして獲得したメール
アドレスはそのショッピングモールを通じてしかアプローチできなかったり、
また一度購入したお客さんに対してDM郵送でのアプローチが禁じられたり
するなど、マーケティング・セールス活動に制約が多いのがデメリットです。

一方、自社のネットショップでは、そのような制約がなく、自由にマーケ
ティング・セールス活動が行えるのがメリットとなります。

自社ネットショップとショッピングモール出店、どちらがよいか

理想は、自社ネットショップとショッピングモール、しかもショッピング
モールは、2大モールと呼ばれる楽天とYahoo!ショッピング、両方に出せる
ことです。店舗数を多くすることが、売上増加につながりますので。

しかし、それだけ多く出店すると、多くの作業が必要になりますので、
これから開業する人にとっては現実ではなく、まずはどの方法を選択したら
よいのか、考える必要があります。

上記に書いた、それぞれのメリット・デメリットを考えた上で、販売しよう
とする商品それぞれの属性も考慮の上、検討する必要があります。

例えば、1購入あたりの粗利益が5千円を越える、もしくは同じ顧客に何回
もリピート販売が見込まれる、ということでしたら、自社ネットショップを
開いてリスティング広告をかけてアクセスを集める、ということも考え
られるわけです。

要は、ネットショップを開設するのなら、そのショップが十分に利益を得ら
れるようになるまでの絵を、いかに描けるかが勝負なわけです。

その絵も描けず、またノウハウもないため、ネットショップを開設しても、
多くのショップは失敗してしまうことになります。

また、現状で売れない状態のままのネットショップを保有している企業でも、
現状の状態を分析し、そのショップを軌道に乗せるための絵を描くことが
できれば、そのショップを生きたものにしていくのも可能、となります。

小売業でネットショップを開設している方は、考えてみてください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop