2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 最も高い効果、最も足を引っ張る人件費

最も高い効果、最も足を引っ張る人件費

事業再生コンサルティング、という仕事をさせていただいていますと、

「わたしの会社は再生(存続、発展)していけるでしょうか?」

というご質問をうかがうことが、非常に多いものです。

孤独な経営者にとって、その確信を得たいと思う事は当たり前のことですし、
コンサルタントはそれに応えることなしには存在意義がありません。

実際にお客様と様々な、時には一緒に泥水をなめるような活動も実行するわけ
ですが、その中での実感として、経営者様自らに振り返りをして頂いたり、こ
れまでと全く異なる方針をとって頂いたりする一方で、必ず必要になることが
あります。つまり、私が必ずお答えしていることは、

 

会社が再生し、存続し、発展していくための条件とは

「ご家族様・従業員様との信頼関係があること、もしくは得られること」です。

どんな時にも支え、支えられる相手が要るのは、言ってしまえば勿論のことで
すが、経営者としての実務では、改めて認識しておく必要のあることがある、
といったところでしょうか。

前回のメルマガでは

・思想や信条ではなく、行動の変化のみを求めることで、成果を出していくこと

について触れさせて頂いていますが、

・その成果によって、どのように従業員が報われるのか
・そもそも、なぜそれをするべきなのか

という点については積み残しにしておりました。
今回はこちらの確認をしたいと思います。

会社の成果によって、どのように従業員が報われるのかまで用意する

近年、中小企業経営においても「会社の組織(仕組み)づくり」という
キーワードが語られることが増えています。
組織立ては、会社の理念や戦略の実現をするために最適化される必要があり、
人材の配置、それによる権限や責任の配布からヒトのモチベーション向上へ繋
げること、経営者に連なる人の教育へも連動すること等、経営者にとって腕の
見せ所でもあります。

…が、いざやってみると機能しない。

しかし、これは従業員のせいにしてはいけません。
大半は経営者が為すべきことの一部が、まだ不足しているのです。
それは、
「会社の求める、あるべき姿と各々の従業員の報酬(金銭に限らず)が、
結びついていないから」です。

人は目的とそれによる成果(報酬)が明示され、それに賛同できる状態でこそ
高いモチベーションで動くことができます。
「会社のために頑張れ」というのは、そもそも相手の厚意を一方的に要求する
だけですから、長続きしないものです。そのような精神論にはじめから依存す
るのは、経営者としての決断や行動を放棄しているということ、それは従業員
だってわかります。

ですから…、従業員や関連する相手に、会社として、経営者として求めるもの
があるのであれば、それに近づけば近づいてくれる程、報われるようなヒトの
配置・評価体系・報酬制度まで、用意しなければならない、ということなのです。

・そもそも、なぜそれをするべきなのか

会社が存続する条件、それは手許現預金がショートしないこと。
それは最終的には事業収益が確保されていることに帰着します。そう考えると、

売上-コスト=利益

という考え方よりも

売上-利益=コスト

と考え、

「会社の存続に必要な利益は確保し、残った資金でコストを支払う」という思
想を持つことが必須です(この点については次回説明させて下さい)。

この、限りあるコストをどのように割振りし、最大の効果を出すか考えることが、
経営者の使命であるといってもよいでしょう。
そのコストで最大の割合を占め、そして最も高い効果があり、最も足を引っ張
るのが人件費。その人件費の割振りの手法を考えることこそが、経営者の決断
にとって一番重要である、ということです。

単純に人件費を下げる、ということではなく、経営者や会社にとって求める姿
に近いものが報われる、そのような形を構築してこそ、従業員が動くということ、
どんなに優秀な箱(組織)をつくっても、その組織を動かすのは人間であると
いうこと、それを知っているのならば、改めてそれに則してヒトへの報いまで
用意することが必要であることをご認識いただいて、あなたの会社の改善に向
かっていただければ幸いです。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop