2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 赤字企業が銀行からどう融資を受けるか

赤字企業が銀行からどう融資を受けるか

営業利益、経常利益が赤字であると融資審査は不利になる

利益が赤字である企業は、融資審査は大きく不利になります。

損益計算書における利益とは、売上総利益、営業利益、経常利益、税引前
当期利益、当期純利益とありますが、銀行が融資審査において重視するのは、
このうちの営業利益・経常利益です。

なぜ、最終利益である当期純利益を重視しないのか。

それは、当期純利益は、その期のみの特別な利益や特別な損失である、特別
利益・特別損失の影響を大きく受けるが、営業利益、経常利益は、その影響
を受けないからです。

営業利益、経常利益は、その企業がどれだけの利益を稼ぐ力があるかを表す
ものです。

銀行が行う融資審査は、第一に、融資先企業が最後までしっかり返済する力
があるかどうかという観点があり、それを見るためには、営業利益、経常
利益が適しています。

営業利益や経常利益が赤字である企業は、融資返済のもとである利益が稼げ
ない企業ということで、融資審査には不利になります。

営業利益、経常利益が赤字でどう融資を受けるか

ではそのような企業が、融資を受けられるようにするにはどうしたらよい
のでしょうか。

先ほど述べたように、企業が利益を稼いで、その利益をもとに銀行に融資を
返済してもらうことを、銀行は求めています。

その力を見るために、営業利益や経常利益を銀行は見るわけですが、見方を
変えると、その利益はあくまで「過去の利益」にしかすぎません。

融資の返済は、過去の利益から行うのではなく、将来の利益から行うもの
です。

そう考えると、企業の利益が赤字でも、将来の利益は黒字になり、その利益
により融資の返済が行われることを、企業は銀行に理解し納得をしてもらう
ようにすればよいのです。

では、現状が赤字でも、将来は黒字になることを、銀行に納得してもらう
ようにするにはどうすればよいか。

ただ数字だけ並べて、将来は黒字になるよ、と銀行に伝えても銀行は納得
するわけないですよね。

それであれば、数字を並べて将来は黒字になる損益計画を銀行に示すととも
に、なぜ自分の会社は将来、黒字になるか、その根拠を銀行に示せばよい
わけです。

赤字企業が黒字化になるには、次の3つしかありません。

1.売上を上げる。
2.粗利率(売上高総利益率)を高める。
3.経費を削減する。

この3つの視点をもとに、どうやって黒字化をはかるか、それを文章にして
銀行に説明します。

赤字が黒字になる損益計画と、その根拠となる文章、それが、事業計画と
なります。

赤字企業が銀行から融資を受けやすくするには、この事業計画の作成が必須
です。

銀行に提出する事業計画に入れておいた方がよいこと

また、この事業計画に入れておいた方がよいことは、他の銀行の、企業に
対する融資スタンスです。

企業が、融資の返済をできなくなるのは、赤字に転落し返済の元手がなく
なることが一つですが、それとともに銀行から新たな融資が出なくなること
が、一つの大きな理由です。

利益を大きく稼いで、その利益だけで返済の全てをまかなえる中小企業は
なかなかありません。

融資の返済を行うに連れて、企業が保有している現金預金が少なくなり、
新たな借入を行って、減少した現金預金の補てんを行うのが、中小企業の
普通の姿です。

その新たな融資が出なくなるということは、返済ができなくなる、という
ことです。

ここから考えると、銀行は融資審査を行う時に、他の銀行はその企業に融資
を出すスタンスなのかどうか、ということが一つの大きな観点となります。

他の銀行も変わらずに融資を定期的に出してくれているのであれば、その
ことを銀行に聞かれなくても、企業から銀行に説明すると、銀行は安心する
ことでしょう。

この、他の銀行の融資スタンスは、事業計画に盛り込んでおくと、良い事業
計画になります。

毎期黒字が出る経営を

このように、企業の利益が赤字の場合に、銀行から融資を受けやすくする
には、事業計画を作って銀行に提出することが、一番の方法です。

それでも融資が出ないのであれば、リスケジュールを考える時です。

また、事業計画で1回や2回、融資が出ても、その計画通りに黒字化を図る
ことができず赤字が続くのであれば、事業計画で融資を受けることもやがて
困難となります。

毎期毎期、黒字を出し続ける経営が、経営者には求められます。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop