2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行はなぜ他の銀行の融資残高を聞いてくるのか

銀行はなぜ他の銀行の融資残高を聞いてくるのか

なぜ銀行は融資残高推移を聞いてくるのか

銀行から、他の銀行での融資残高を聞かれることは多いと思います。

それを聞かれて、あなたは、

「なぜ他の銀行の融資残高を教えなければならないんだろう?」

と思うことは多いのではないでしょうか。

なぜ、銀行は、他の銀行の融資残高を聞くのか、その背景をお話します。

融資残高推移を聞くペースは3ヶ月ごと

私が勤めていた銀行では、3ヶ月ごとに、融資先企業から、各銀行のそれ
ぞれの融資残高を聞く、ということが決められていました。

そして、それを「融資残高推移表」という紙に記録していました。

また、融資シェア、つまりその企業が借りている融資総額において、その
銀行が何%を占めている、という数値を出していました。

以下が、銀行で作られている融資残高推移表の例です。Mとはミリオンの略
で、百万円、という意味です。例えば84Mは、84百万円になります。

    22年10月  23年1月  23年4月   23年7月

A銀行 84M 58%  78M 48%  67M 44%  58M 41%

B銀行 48M 30%  54M 34%  44M 31%  53M 38%

C信金 26M 12%  29M 18%  32M 25%  29M 21%

総額  158M    161M    143M    140M

銀行は、なぜこのような表を作っているのか。

それは、他の銀行の動きを探るため、です。

銀行は他の銀行の動きをどう考えるか

他の銀行の動きとは何なのかを言うと、他の銀行が、今までと変わらず融資
を出しているか、それとも融資を抑制しているか、ということです。

上記の表で言うと、メイン銀行(ここでは融資残高が一番多い銀行)は
A銀行となります。

表を見ると、ここ1年近く、融資を出していない、ということが分かります。

一方でB銀行とC信金は、変わらず融資を出しています。

この表を見て、B銀行とC信金が何を考えるかというと、

「なぜA銀行は、ここ1年、融資をストップしているのか?」

ということです。

A銀行はメイン銀行であるにも関わらず、融資をストップしている。

B銀行・C信金から融資を受けるのであれば、当然、A銀行にも融資を
申込んでいるはず。

しかしA銀行から融資を受けられていないのであれば、A銀行は、融資を
出せない何か理由があるはず。

こういう見方を、B銀行とC信金は、します。

そして、B銀行とC信金は、

A銀行は、B銀行とC信金に融資をどんどん肩代わりしてほしいと考えて
いるのではないか、と考えます。

そこで結論は、B銀行・C信金ともに、

 

新たな融資は慎重になろう。A銀行が再び融資を出すのでなければ、自分
のところも融資は出さないでおこう。

ということになります。

こうなると最悪で、A銀行からはもちろん、B銀行、C信金からも融資は
受けられないことになり、とたんに資金繰りが厳しくなってきます。

実は融資審査において重要な、融資残高推移

ここで例にあげたB銀行、C信金の見方のように、融資残高推移表は、
融資審査において、審査材料の一つとして、重要な役割を果たすことになり
ます。

だから、銀行ごとの融資残高推移は、融資を受けている企業にとっては、
あなどれないものになります。

このようなことで、融資審査に不利にならないように、融資を受けている
企業においても、毎月の融資残高を記録していき、それを見て銀行はどの
ように考えるか、推測してみる習慣を付ける必要があります。

銀行が考えることは、

・融資シェアの極端な変化は起こっていないか。

・他の銀行(特にメイン銀行)は、融資を抑制していないか。

ということです。

融資残高推移を見て、銀行に疑念をもたれないか、常に注意していって
ください。

 

「2011年9月7日」執筆:今野洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop