2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 採用面接に原点

採用面接に原点

私 :「社長は、常に経営理念を実践しておられ、素晴らしいですね。」

社長:「そうだな。それが創業の原点だからね。忘れることはないよ。」

私 :「ところで、社員の方は、社長のように、この会社で働き始めた時の
    気持ちを、常に持っていますかね。改めて、入社した時の想いを
    社員に聞かれてはどうですか?」

社長:「なるほど」

社長に対して、経営理念を聞くのは、
この会社の創業時の想いを確認するためである。

そもそも何のために起業したのかなど、目的や目標がそこには詰まっている。
それでは社員の場合は、このような会社に対する想いは
どこから始まるのだろうか。
それは、採用面接からである。

採用面接の質問として、
「あなたは、なぜ当社を志望したのですか?」がある。

採用面接の場合は、どうにかして採用されたいという気持ちもあり、
多少は本心以外のことも言うかも知れないが、全くのウソではない返答をする
はずである。
また、ウソを言ってもいないと思われた人が、採用されているはずである。

例えばこのような返答である。
「御社のホームページを拝見しますと、これまで地域に根差して○○事業を展
開しておられ、更に今後は〇〇の分野への進出も考えているという所に魅力と
可能性を感じました。」

「御社の事業が、社会貢献に大きく寄与していることに惹かれました。」
と答えるでしょう。

これは、会社の方針と個人の希望・夢・願望が一致している状態である。

ところが今、同じ質問を同じ社員にした場合、
どのような回答が返ってくるだろうか。
昔と変わらず入社した時の想いを持っており、
仕事に打ち込んでいるなら問題はない。

しかし、あの時はそう思ったが、今は違うと思っているかも知れない。
例えば、「社長の考え方についていけない」とか、「会社はどこに向かってい
るのか分からない」とか、「給与が合わない」とか、「残業が多い」とか、
不平不満しか思わずに改善活動をしない社員なら、その人は会社に貢献してい
る人とは考えにくいし、その社員もこの会社に居ることが不幸である。

このように社員の想いが入社時と変わっていた場合、社長に問題があるのか、
社員に問題があるのか、もしくは両方に問題があるのかを、次に確認しなけれ
ばならない。

「どうして、そのように考えるようになったのか?何か出来事があったのか?」
と聞くことである。このような質問で、社員の考えや価値観を知ることが、全
社のベクトルを合わせることになり、経営を安定させるのである。

入社時は、会社の方針と個人の希望・夢・願望が一致しているはずである。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop