2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 読者は縦糸、実践は横糸

読者は縦糸、実践は横糸

読書は縦糸、実践は横糸

私 :「社長、先月作成した計画は、予定どおりに進んでいますか。」
社長:「その件なのだが・・・。」
私 :「どうされましたか。何か、問題がありましたか。」
社長:「どうされましたか。何か、問題がありましたか。」
私 :「それでは、何も変わりませんね。」
社長:「・・・」

PDCAという言葉を、良く聞かれると思う。
{Plan(計画)-Do(実行)-Check(評価)-Act(改善)cycle}

会社を改善する際に、私は社長からじっくりと話を伺い、
明るい未来づくりのために改善計画を作成する。
しかし、時に、計画が作成されたことに満足され、
すぐに実行されないことがある。

また、実行されたとしても、時間が経てば、もとどおりの行動パターンに
戻ってしまうこともある。
現場が忙しい時には、なおさら実行されることはない。

P(Plan・計画)の後に、D(Do・実行)があるから
PDCAサイクルが生まれる。
当然Pで終わるなら、このサイクルは生まれない。

二宮尊徳翁の教えに、
「読書は縦糸であり、実践は横糸である」という言葉がある。

私は個人的に、二宮尊徳翁の教えが好きなので、引用させてもらうことが多い。
この言葉にもあるように、知識は使って初めて役に立つものであり、
使わないのであれば、本を読むこと自体が意味をなさない。

つまり、改善計画を作成したとしても、その計画に沿って行動しないのであれば、
計画自体に意味がなくなる。

当然、会社は前のままであり、良くはならない。
このように話をすると、「よく頭では分かっているのだが」と言われる。

そのような時は、何を目標としているのか、またその目的は何なのかを
自問することである。、

改善計画を作成することが目的になると、行動に移すことは難しくなり、
改善計画を作成することは、会社を良い状態にするための手段であると思えば、
その手段を使おうという気持ちになり、行動に移りやすくなる。

また、会社を良くする目的は、社員の生活や幸せを守ることだったりする。

全ては、実践でしか変わらない。

実践のための思考を持ち、会社を良くして頂きたい。

 

「2011年10月21日」執筆:野上智之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop