2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行の現在の担当者と良好な関係をどう築くか

銀行の現在の担当者と良好な関係をどう築くか

2012年1月10日号

前の担当者と比較すること

銀行員は、支店を2~3年で、転勤してしまうものです。

前の担当者と、現在の担当者は、性格も、仕事のやり方、も違うものです。

前の担当者が、自分の会社のために尽くしてくれた人であれば、現在の
担当者とのギャップから、昔を回顧し、

「前任者の○○さんの時は、こういうことをやってもらったんだが・・・」

と、言ってしまいがちなものです。

そう言われてしまった銀行員としては、口では反発することを言わなくても、
心の中では

「前任者と私のやり方は違う。いちいち前任者を引き合いに出さないで
くれ」

と思うことでしょう。

新人銀行員ならともかく、銀行員も入行してから3年ぐらい経つと、自分の
仕事の型ができてくるものです。

あなたの会社のために何も考えてくれない、何も動いてくれない銀行員で
あれば論外ですが、そうでなければ、今の担当者はどんな性格か、どんな
仕事のやり方か、を把握して、こちらからコントロールするぐらいの姿勢
で挑みたいものです。

 

例えば、新しい担当者が、3ヶ月ごとに企業に、

「試算表と資金繰り表を提出お願いします。」

と言ってくるとします。

前の担当者は、そういうことは自分から求めてきませんでした。

銀行員としては、試算表と資金繰り表の提出を口酸っぱく言ってくる担当者
の方が優秀です。

試算表と資金繰り表の提出は、銀行が企業の業況や経営状況をウォッチする
という意味とともに、次の融資提案の時期を探る、という意味もあります。

優秀な銀行員は、企業の資金繰り表を見ることにより、その企業の次の融資
提案時期を探り、競合の他行に先行し、融資の提案をしようとします。

それを、

「え・・・、前の担当者の○○さんの時は、いちいち試算表や資金繰り表
を出さなくてもよかったんだが。」

と言ってしまうと、新しい担当者との信頼関係は、一向に築けないことで
しょう。

その後、企業がその担当者に融資を希望しても、その担当者としては、

「都合の良いときだけ、試算表と資金繰り表を出そうとするのか。」

と思ってしまうことでしょう。

今の担当者の仕事のやり方を尊重する

このように、企業が銀行員と接触する時にやってしまいがちなことの一つ
である、

前の担当者を引き合いに出してしまうこと。

やってはいけないことの一つです。

あなた自身が逆の立場に立った時、前の人と比較されることは、不愉快で
はないでしょうか。

例えばあなたが前の社長の後を継いでからまだ時間が経っていないとした
ら、取引先から「前社長の時はいろいろやってくれたんだが。」と言われる
と不愉快でしょう。旧来の社員から「前の社長の時代は良かった。」と
言われると頭にくることでしょう。

それと同じことです。

銀行員と良好な関係が築けていれば、必ずや、あなたの会社にとって
メリットになることでしょう。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop