2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行が融資総額を大きくするとき

銀行が融資総額を大きくするとき

2012年1月23日号

 

 銀行が、あなたの会社への融資総額を大きくする。

 それは、どういうときでしょうか。

 

融資枠を広げる、という表現について

 ちなみに、この場合によく使われるのは、

 「融資枠を広げる」

 という表現です。

 しかし融資枠を広げるというのは、正確には当座貸越という融資方法
 (極度額までなら借りたり返したりできる融資方法、例えば3,000万円を
  極度額として設定し、3,000万円の枠までなら借りたり返したりできる
  という融資方法)の場合に、この極度額を広げる、というときに使える
 表現であり、ただあなたの会社への融資総額を大きくする、という場合は
 「融資枠を広げる」という表現は使わない方がよいでしょう。

融資総額を大きくするのはどういう場合か

 銀行が融資総額を大きくするのは、次のような場合です。

 1.あなたの会社の売上が大きくなって、その分、資金の需要が増えた場合。

 2.経常運転資金が増加した、もしくは売上拡大のための設備投資が発生
  した、など、融資が必要に足る正当な理由があった場合。
  (※経常運転資金とは、売上債権+在庫-買入債務、で計算される、
    あなたの会社が立て替えている形となっている資金のことを言い
    ます。)

 3.あなたの会社が、銀行がもっと融資をしたくなる会社であり、融資残高
  を増やしたい銀行が、他の銀行の融資を借り換えしたい場合。

 シンプルに言うと、1は売上増加、2は資金が明確に必要な理由の発生、
 3は優良企業、という場合です。

 逆に言うと、この3つ、いずれかに当てはまらなければ、あなたの会社は
 銀行から、融資総額をもっと大きくするような融資を受けることは困難です。

 もしあなたの会社が、銀行からもっと多くの融資を受けたいのに、なかなか
 受けられないのだとしたら、その理由は、この3つのいずれかに当て
 はまっていないからです。

 では、1つ1つの条件を見てみましょう。

1.売上拡大した場合

 売上が拡大すると、経常運転資金(売上債権+在庫-買入債務)が大きく
 なるのが普通であるため、その分、あなたの会社が立て替えなければなら
 ない金額が大きくなり、資金が多く必要になります。

 また、売上が拡大すれば設備が多く必要になり、資金が多く必要になる、
 という場合もあります。

 企業が、どれだけ多くの融資を受けているか、銀行は

 「月商の何カ月分の借入がある。」

 という見方をします。

 例えば売上が3億円の企業、月商2,500万円で、借入総額が7,500万円で
 あれば、月商の3カ月分の借入がある、という見方を銀行はするのです。

 そのため売上が大きくなれば、その分、借入が多くなっても、「月商の
 何カ月分」が大きくならないのであれば、銀行の感覚としては、借入額が
 増えたことにはならないのです。

 売上が3億円の企業が6億円となったのなら、借入総額が7,500万円から
 1億5,000万円に増えても、月商の3カ月分というのは変わりません。

 このように、銀行が企業への融資総額を多くできる、一つ目の条件は、
 売上が大きくなることです。

2.明確に資金が必要な理由がある場合

 経常運転資金が増加し、資金が多く必要になった。

 事業計画を実現するための、もしくは合理化のための、設備投資が必要に
 なった。

 このように、明確に資金が必要な理由がある場合、銀行があなたの会社の
 融資総額を大きくする、条件となります。

 銀行に融資を申し込んだら、必ず銀行から聞かれるのが「資金使途」。
 つまり、資金の使い道のことです。

 資金使途が明確になれなければ、赤字の補てんや、経営者の遊興費、別会社
 の赤字補てんなど、銀行が嫌がることに資金が使われてしまうことになり
 かねません。

 そのため、正当な資金使途が、融資実行にあたっては必要となるのです。

 明確に資金が必要な理由を、証拠の資料もそろえて銀行に説明できれば、
 銀行は多くの融資を出しやすくなるのです。

 例えば、私が銀行員時代、ある金属卸の会社が、

 「大手得意先からの売掛金回収条件が、1ヶ月長くなった。そのため
  経常運転資金が増加し、資金が必要になった。」

 と、その大手得意先からの「支払条件変更のお願い(得意先から見たら
 支払い)」の通知書を証拠として、またどれだけ経常運転資金が増えるか
 の計算式も添えて、私に交渉してきたのです。

 なぜ大手得意先が支払条件を長くしたいのか、という引っかかる点が
 あったものの、融資が必要な理由としては、明確であり、銀行を説得でき
 るものです。

 このように、もっと多くの資金が必要な理由が明確であること、そして
 資料をそろえて銀行に伝えられることが、銀行が企業への融資を多くする
 ことができる、二つ目の条件となります。

3.優良企業な場合

 

 優良な企業、特に大きな利益が出ていたり、純資産が厚かったりする企業
 へは、銀行は多くの融資を出したいものです。

 しかし優良な企業は、融資が逆に必要でない場合が多いものです。

 その場合、銀行はどう考えるか。

 銀行は、他の銀行の融資を肩代わりして、融資をもっと多く出したい、と
 いう考え方をします。

 そのため、優良な企業へは、銀行員がよく訪問してきて、他の銀行の融資の
 借換えを何度も提案してくることでしょう。

 

 しかし企業としては、メリットがなければ、借換えする必要がありません。

 そのメリットの第一は、金利、ということになります。

 いかに他の銀行の融資の金利より、自分の銀行の金利を下げて、借換えすれ
 ば金利が下がるメリットを企業に感じ取ってもらい、借換えしてもらうか、
 銀行は競争を行うことになります。

 このように、銀行が企業への融資を多くする条件の三つ目は、優良企業で
 あることです。

まとめ

 最後にまとめますと、銀行からの融資総額を大きくしてもらうには、

 1.売上が大きくなること。

 2.明確に資金が必要な理由があること。

 3.優良企業であること。

 このいずれかでなければなりません。

 逆に言うと、このいずれでもないのに、銀行からの融資総額を大きくしたい
 のであれば、それは、企業が赤字だから、ということになります。

 赤字企業へは、銀行は融資は出しにくくなります。

 融資が出ないのであれば、リスケジュールを行って、銀行への返済を止め
 なければなりません。

 経営者としてどうするか?素早い判断を行うことが、大事です。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop