2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > なぜ銀行は他行の融資残高を聞くのか

なぜ銀行は他行の融資残高を聞くのか

2012年3月6日号

 

  銀行は、あなたの会社に、

 「他行の融資残高を教えてください。」

 と、聞いてきませんか?

 これは、銀行側からすると、融資先に対して3か月に1回のペースで他行
の融資状況を聞くようになっていて、その行動となります。

 聞く項目は、各銀行の、商業手形割引・手形貸付・証書貸付・当座貸越の別
に、それぞれの融資残高です。

 また、もっと細かく聞く銀行は、合計ではなく融資1本1本の金額や、返済
金額、金利まで聞いてくるでしょう。

 そもそも、なぜ銀行は、他行の融資残高を気にするのか。

 それは、他行も自分の銀行と同様に、その企業に融資を出しているのか
チェックするため。これが、第一の理由です。

 銀行は、企業から他行の融資残高を聞くと、それを表に記録します。

 今までの各銀行ごとの融資残高の推移は、時系列で表に記録されていて、
その表に、今聞いた各銀行の融資残高が新たに記録されます。

 また、聞いた時点ごとに、各銀行ごとのその企業における融資シェアが
計算、記録されます。

 例えば、次のように、です。

 銀行名 融資残高 融資シェア
A銀行 120百万円 48%
B銀行 80百万円 32%
C銀行 50百万円 20%

 また時系列に、各銀行の融資シェアは上がった、下がった、ということが、
矢印の向きで表現されます。

 この、融資シェアの推移を、銀行は気にするのです。

1.業況が厳しい企業の場合

 業況が厳しい企業へは、銀行は融資を出したくありません。

 しかし、その企業がどこの銀行からも融資を受けられなくなってしまえば、
その企業は資金不足となり、倒産してしまうことになります。

 各銀行が一定量の融資を出していかないと資金はまわらず、他の銀行がその
企業へ融資を出していくのを見て、自分の銀行も融資を出していきます。

 それが、他の銀行は全て、その企業への融資をストップし、自分の銀行だけ
が融資を出していたら、自分の銀行の融資シェアはどんどん大きくなって
しまいます。

 そしていつか、その企業のリスクを自分の銀行は大きく被ってしまうことに
なります。

 こうならないように、3か月に1回、他行の融資残高を聞いているのです。

2.優良な企業の場合

 優良な企業へは、銀行は融資をどんどん出したくなります。

 優良な企業へは、自分の銀行の融資シェアを高め、あわよくばメイン銀行の
地位を獲得しよう、と考えるものです。

 そのような企業へは、融資シェアを高めるように、他行の融資残高を聞いて
チェックしますし、逆に融資シェアが低くなれば、その企業の担当者は、
上司からハッパをかけられるものです。

厳しい状況の企業としてはどう対応するか

 もし自分の会社が厳しい状況であれば、各銀行は、自分の銀行だけ融資を
出してリスクを背負わないよう、互いにけん制し合っているものです。

 そのため、どこかの銀行が融資を出さなくなれば、他の銀行も、他行の融資
残高の状況を見て、融資を出さなくなる、ということがよくあります。

 これが、銀行がその企業に対し一斉に融資を引く、その現象の背景です。

 銀行が一斉に融資を引いてしまえば、一方で既存の融資を返済し続けること
はできず、すぐに銀行に交渉して、返済を減額もしくは猶予してもらわな
ければなりません。これがいわゆるリスケジュールです。

 あなたの会社も、毎月の銀行ごとの融資残高を表にし、それぞれの銀行の
融資シェアを時系列で見てみると、どこの銀行が融資をがんばってくれて
いて、どこの銀行が融資を引き気味であるのか、見えてくるでしょう。
このような表を作ってみると、役に立ちますよ。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop