2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 現金の流れ「キャッシュフロー」とは

現金の流れ「キャッシュフロー」とは

2012年5月25日

キャッシュフローで言うキャッシュとは、現金、普通・当座預金を指します。

定期預金はすぐに解約できないケースが多いでしょうから、ここでは分けて
考えてください。有価証券ですぐに換金可能なものはキャッシュとする場合も
あります。

キャッシュ(現金)のフロー(流れ)であるキャッシュフローとは

 ● キャッシュイン(現金の入)ー キャッシュアウト(現金の出)

で残った現金残高であります。

キャッシュフロー計算は

1.営業キャッシュフロー
2.投資キャッシュフロー
3.財務キャッシュフロー

これら3つに分けてキャッシュの増減を分類したうえでお金の流れを
把握したものがキャッシュフロー計算書というものです。

たとえば、借入で現(預)金が増えると、上記の3番目にあります
「財務キャッシュフロー」に仕分けされますが、あくまでも「儲け」で
得ることができる「営業キャッシュフロー」でキャッシュインが
キャッシュアウトを上回ることを目指していく必要があります。

損益改善についてはすでに手を打っている、ということを、私が日々
行っている面談でもよく耳にしますが、前年比で売上は大幅に伸びない、
または下がったとしても、営業キャッシュフローの改善余地は大いに
あるケースが事実多いのです。

もっとも、損益改善において、原価管理はまだまだ甘いというケース
がほとんどですが、営業キャッシュフローの改善については、
各種資料を交えお話させていただく面談で、より具体的にご指摘する
ことができますので、お客様にご納得いただくケースは多々あります。

ちなみにキャッシュフロー計算は

 A:現金取引ごとに集計する「直接法」
B:従来の決算書から算出する「間接法」

の2通りありますが、キャッシュフロー計算書の詳しい説明は省き、
ここではキャッシュフローとは何か?に絞って説明いたします。

そこで、参考にキャッシュフロー計算の例を挙げてみましょう。

※金額は百万円

———————————-
1.営業キャッシュフロー
———————————-

 営業活動によるキャッシュイン(現金の入)   420

仕入先へのキャッシュアウト(現金の出)   △545

———————————-
2.投資キャッシュフロー
———————————-

 設備購入によるキャッシュアウト(現金の出) △100

 資産売却によるキャッシュイン(現金の入)    20

———————————-
3.財務キャッシュフロー
———————————-

 運転資金借入によるキャッシュイン(現金の入) 500

借入返済によるキャッシュアウト(現金の出) △ 30

 

                 差 引    265

 

上記の計算式では、営業キャッシュフローはマイナスで、
運転資金借入で資金繰りはまわっている状態です。

借入できるならまだしも、借入できなければ資金繰りはまわらず倒産
となりますから、営業キャッシュフローの改善をどのようにしていくか
が存続のためのカギとなりますが、営業キャッシュフローとは以下の公式
の合計を指します。

 ● 税引後利益+減価償却±債権債務残高

債権債務残高が上記の表のように、キャッシュインよりキャッシュ
アウトのほうが多い場合、

 ・ 売掛金の早期回収できないか?

 ・ 棚卸資産(在庫)は適正なのか?

この辺に改善余地があり実行できれば、営業キャッシュフローは当然
良くなっていきます。

2番目の投資キャッシュフローではどうでしょう?

店舗をお持ちであれば、赤字を垂れ流している不採算店舗からの撤退
または売却によりキャッシュアウトを減らすことができます。

また不要な固定資産があれば、それ(ら)を売却し「身軽な経営」
を目指せないか?

売却損を出せば税金支出で相殺できるのですから、キャッシュイン
として入ってくるキャッシュフローの観点から一考して頂ければ
と思います。

3番目の財務キャッシュフローをみますと、固定資産の売却で得た
キャッシュを長期借入金の返済に充てれば金利負担は減ります。

上記の表では、借入を起こしたため「プラス」になっていますが
財務キャッシュフローは借入返済をしていき「マイナス」の状態に
しておくことが理想です。

「2012年5月25日」執筆:西川佳徳

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop