2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 利益を上げるための貸借対照表

利益を上げるための貸借対照表

2012年6月1日号

決算書の貸借対照表を見ると、資産の部と負債の部、そして純資産の部、
とに分かれます。

負債の部と純資産の部ではどのように資金の調達をしているかを表し、
そうして調達した資金を使って何に運用しているかを資産の部で表している
ものが、貸借対照表となります。

負債の部には借入金や買掛金、未払金などがあり、純資産の部には資本金
などがあります。それらの勘定科目は、企業はどのように資金を調達して
いるかを表すものです。

そうして調達した資金を、資産の部の現金預金や売掛金、土地・建物、
機械装置など、どのように運用しているのか、勘定科目で表されます。

それと経費を使うことにより、企業は売上を上げ、利益を上げていくのです。

企業が利益を上げていくのも、出発は資金の調達からです。それは資本金で
あり、借入金であり、もしくは買掛金や支払手形、未払金なども資金の調達
の一種です。

また資金の調達は、銀行から融資を受ける場面を見ても分かるように、苦労
するものです。

資本金は、その元手を貯めるために経営者は蓄えを作ったり、第三者から
出資してもらえるよう交渉していかなければなりません。

買掛金や支払手形は、支払のサイトを一定期間とってもよいという支払先
からの同意があってのことですから、その同意を得るための交渉が必要
です。

このように、資金の調達はどんなものであっても、それを調達するという
苦労があります。

そして調達した資金を、運用していく。その運用は、自分の会社に対し、
利益がもたらされるものでなければなりません。

無駄な資産を抱えることによる重荷

では自社の資産は、それが全て利益を上げるためにうまく運用されているか、
見てみます。

その資産が、無駄な資産が多い企業があります。

例えば、自社ビル。自社ビルを建てるには大きな金額が必要ですが、それは
利益を生み出すものでしょうか?別に賃借でもよいのではないでしょうか?
自社ビルを建てるには、土地も用意しなければならないとすると、大きな
金額の借入金が必要となります。

言わずもがなですが、銀行から融資を受けた後、その資金は有効に使われ
なければなりません。融資が有効に使われるとは、それが多くの利益を生み
出すことに使われる、ということです。

それが利益を生み出すものでないとすると、将来、その融資が重荷になって
きます。

重荷とは、

1.毎月の返済の負担。
2.金利支払いの負担。
3.借入金が増加することによる、調達余力の低下。

です。

銀行から融資を受けるのに、これだけの重荷を抱えるわけですから、融資で
受けた資金は、それが自社に大きな利益をもたらすよう、有効に使われな
ければなりません。

私は、融資は受けるな、ということを言いたいのではありません。

融資を受けるのは、自分の会社が大きな利益を上げるために行われるべき、
ということを言いたいのです。

経営者は、決算書の損益計算書を見るのはもちろんですが、それとともに、
いかに負債や純資産として表される、調達された資金が、資産で有効に
使われているか、そういう観点で貸借対照表もしっかり見るようにならな
ければなりません。

企業が利益を生み出すために融資で受けた資金が有効に使われていないと、
上記で述べた重荷が発生します。

そのため、自社の資産は、利益を生み出すために使われている有効な資産で
あるかどうか、常に振り返りをする必要があります。

利益を生み出していない資産であれば、売却して運転資金にあてたり、
資金に余裕があるのであれば融資の返済に充てるなど、考えていきます。

貸借対照表に載らない資産

自社に利益をもたらす資産は、貸借対象表に載らないものもあります。

例えば、顧客資産と人的資産です。

顧客資産とは、自社が取引をしている顧客、また見込客、過去の顧客など
です。

これらの顧客は、今後、自社に利益をもたらしてくれるものです。

また人的資産とは、社員のことです。社員が働いてくれることにより、
自社に利益がもたらされます(一方で人的負債の発生、つまり損失をもたら
してしまっている社員は、利益をもたらす社員になるよう、改善をはかって
いくことが必要です)。

また自社に蓄積されている情報・ノウハウ・技術力なども、貸借対照表に
載らない資産です。

これら、貸借対照表に載らない資産も、どれだけのものがあるか、定期的に
振り返ってみたいものです。

そして、これら貸借対照表に載っている資産、載っていない資産をうまく
運用し、いかに利益を上げていくか、経営者の腕の見せ所です。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop