2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 財務体質をよくするとは

財務体質をよくするとは

2012年6月8日

1.財務体質の改善とは

倒産する企業とは、バランスシート上で資産より負債が多い状態で
あります「債務超過」に陥ってしまうケースが多いのは言うまでも
ありません。

「負債」とは、バランスシートの右側にリストアップされている
買掛金、借入金、未払金、前受金、預かり金などですが、
実態バランスシートに修正すると、多くの中小企業は実態債務超過
といえますから、財務体質の改善というのは「関係ない」では
済まされない経営改善テーマと言えるかと思います。

では、どのようにして財務体質の改善に向けた行動をしていけるので
しょうか。大まかに言えば以下の流れで経営計画を立てていきます。

  過剰債務の解消
     ↓
  債務超過の解消
     ↓
  キャッシュフロー経営による資金効率化

現金の流れ「キャッシュフロー」とは

「キャッシュフロー経営による資金効率化」は説明済ですから
今号では「過剰債務の解消」と「債務超過の解消」の2つに絞って
いきます。

2.過剰債務解消からの財務体質改善

過剰債務かどうかを判断する指標に「債務償還年数」というものが
あります。

債務償還年数とは、

 有利子負債(割引手形を除く)をキャッシュフロー(返済原資)
 で割り、今ある有利子負債が完済となるまで何年かかるかを測る
 財務指標

ですが、この債務償還年数が悪い企業とは、過大な借入金による
過剰債務の状態です。

一般的に、銀行が追加融資を出す・出さないの判断基準は10年ですが
借入金の過大で多いので真っ先に挙げられるのが、固定資産の肥大
です。

たとえば、遊休資産の維持に固定費をかけている企業は、冒頭でも
挙げましたが、財務体質の改善のみならず収益構造の改善にも
つながります。以下のようなイメージです。

過剰債務の状態

遊休資産の売却

長期借入金の返済に充当

総資本の圧縮(自己資本比率の向上)

(遊休資産売却に伴う)固定費の削減

経営資源の集中

収益の改善(にもつながる)

(結果)自己資本の増加

3.債務超過解消からの財務体質改善

もう一度「債務超過」の説明をしますと、バランスシートの右側に
ある「負債」が左側にある「資産」を上回っている状態を債務超過
といいます。

債務超過の解消には

 1.負債総額の削減で資産総額を小さくする
 2.資産が負債を上回る(純資産をプラスにする)

の2つしかありませんが、前述のように中小企業の多くは
実態バランスシートに修正すると、多くの中小企業は実態債務超過
であることが多いため、過剰債務の改善と(実態)債務超過の解消を
同時に進めていかねばなりません。

一見、業績に問題がないと見えても、バランスシートの中身を
精査していく必要があります。

実態債務超過であることにご自身では気づいていないがために
(債務償還年数が悪いことも含め)金融機関からの評価が低いのでは
ないか、と思い当たる節がありましたら、以下の関連記事に
目を通してください。

※実態バランスシートによりあなたの会社は評価されている

4.まとめ

経営基盤はしっかりしているのか?
資金の運用と調達がバランスとれているか?
そのことで資金繰りに不安がないか?


など

「安全性」を満たしているかどうかの目安として、バランスシート
の総資本に占める、純資産の割合を表した自己資本比率があります。

「財務分析で収益性と安全性の実態を明らかにする」の最後に

 1. 資産の圧縮
 2. 負債の圧縮

による自己資本比率の向上と説明しましたが、前述しました
「過剰債務解消からの財務体質改善」で挙げましたイメージの

————————————–
過剰債務の状態

遊休資産の売却

長期借入金の返済に充当

総資本の圧縮(自己資本比率の向上)

(遊休資産売却に伴う)固定費の削減

経営資源の集中

収益の改善(にもつながる)

(結果)自己資本の増加
————————————–

こそが安全性そして収益性の向上による業績改善となります。

「2012年6月8日」執筆:井上貴裕

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop