2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > リスケジュールの期限の考え方

リスケジュールの期限の考え方

2012年7月24日号

リスケジュール、できれば企業側が返済再開と言うまで、ずっとやっておき
たいものです。

しかしリスケジュールにおいては、期限が設定され、それは6ヶ月や1年と
なります。

では、なぜリスケジュールの期限が設定されるのでしょうか。

リスケジュールは、銀行と企業との間で交わされる、返済をどう行っていく
かという契約、これを変更することを意味します。

企業がリスケジュールを銀行に申込み、承諾されたら、銀行と企業との間で
「返済条件変更契約書」を交わします。

そこには、

・返済条件はどのように変更するか。

・返済金額の減額の期限はいつまでか。

ということが記載されます。

銀行は、ほとんどの場合、その期限を6ヶ月や1年後に設定するように
します。

そこで多くの経営者は、

「6ヶ月や1年後、返済は元通り、再開しなければならないのか。」

と思いがちです。

しかし、実際はそうではありません。

そのリスケジュールの期限は、次のリスケジュール交渉にあたっての
区切り、と考えてください。

例えば、次のように考えてみてください。

リスケジュールの期限が5年や10年と設定されたとすると、もし企業が
経営改善により利益を出せるようになり、返済を一部再開できるような状態
になったとしても、銀行としては5年や10年間ずっと、企業に対し返済金額
を増額してもらいたいと言えなくなります。

そのため銀行は、リスケジュールの期限を、6ヶ月や1年など短く区切るの
です。

企業としては、リスケジュールの期限の2ヶ月前あたりから、次の
リスケジュールはどうしてほしいのか、経営改善状況や資金繰り状況などを
見て検討し、銀行と交渉していくようにします。

リスケジュールは、企業側が依頼するものであり、リスケジュールの更新時
においてもそれは同様です。企業側から銀行に働きかけていかねばなり
ません。

例えば、まだ黒字化していないからリスケジュールは今まで通り続けてほしい。

例えば、経営改善により利益が上がってきたから返済金額を毎月10万円アップ
できる。

このように、企業がどれだけ業績を回復しているかにより、返済をアップ
していけるのか否か、またどれだけアップできるのかを考えて、銀行に対し
交渉していくのです。

リスケジュールは、期限ごとにこれを繰り返していきます。

リスケジュールにあたって銀行と交わす返済条件変更契約書に記載される、
リスジュールの期限は、リスケジュール交渉にあたっての区切りと考えて
ください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop