2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > リスケジュール交渉の前に預金口座をカラにしておく

リスケジュール交渉の前に預金口座をカラにしておく

2012年8月9日号

リスケジュール交渉をスピードアップするために

リスケジュールは、融資の返済を止めるという、銀行にとっては後ろ向きの
仕事です。それが銀行にとって、利益に貢献するわけではありません。

そのため、銀行ではリスケジュールの手続きは、どうしても遅くしがちです。

その手続きのスピードアップのために、融資の返済を行っている返済用の
預金口座で、返済が引落しされないようにする、という方法があります。

リスケジュール交渉を行っていく銀行において、次の融資の返済日の5日
ぐらい前までに、その預金口座をカラにしておきます。そして、返済日当日
に、引落しされないようにします。

銀行は、正常に返済されている融資のリスケジュールは、手続きは遅くして
しまいます。なぜなら、正常に返済されているから、わざわざリスケ
ジュールしなくてもよい、と考えるからです。

しかし延滞となってしまった融資は、その延滞という異常の状態から、
銀行と契約書を結んでリスケジュールするという正常の状態にするために、
リスケジュールの手続きは急ぐようになります。

ただ、黙って延滞をしてはいけません。延滞の2~3日前に、延滞しそうで
あることを銀行に一言、話しておくだけでも、銀行に与える印象は違います。

できれば経営者自ら銀行に出向いて、どうしてもやむをえない場合は電話で、
次の返済は延滞しそうだということ、そしてリスケジュールを申し込む
つもりだ、ということを、銀行に話します。

また延滞するわけですから、当然、銀行にはおわびの言葉を言うべきです。

このように、銀行に対し誠意を見せておくことによって、銀行に良い印象を
与え、その後のリスケジュール交渉にスムーズに入っていけるわけです。

また延滞しそうだと言われた銀行員は、当然、それを上司に報告することで
しょう。支店長までその報告がまわることでしょう。

支店長まであらかじめ知っておいてもられば、リスケジュール交渉の気構え
を支店全体でしてもらえることになります。

なお、延滞の2~3日前に言っておいた方がよいのは、もっと前の日にその
ことを言うと、返済日までになんとかお金をかき集めて延滞させないでくれ、
と銀行に言われてしまうからです。

預金は別口座に移しておく

なお、延滞させる預金口座から出した預金は、融資を受けていない銀行の
預金口座に移しておきます。

当然、延滞させる預金口座に、後に取引先からの売掛金入金があったら、
自動で引き落とされてしまうことになります。

あらかじめ、取引先には売掛金の振込口座を変更してもらうように、お願い
しておくことが必要です。

また電気代や電話代などの口座振替を、融資返済用の預金口座でやっている
のなら、その振替ができなくなっては困るため、変更を行っておくことが
必要です。

このように、細部まで気を遣うようにします。

企業としては、銀行から新たな融資を受けることが困難になれば、リスケ
ジュールを検討しなければなりませんが、リスケジュールの交渉開始が
遅れてしまうと、それだけ返済が進み、手元の現金預金が少なくなって
しまいます。

またリスケジュールを申し込んでも、預金口座から引落しがされてしまう
状態であれば、交渉が長引くほど、もしくは銀行でのリスケジュール手続き
が遅れるほど、返済が進んで手元の現金預金が少なくなってしまいます。

そのため、返済用の預金口座をカラにしておくことによって、現金預金を
少しでも多く確保できるようにしておくべきです。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop