2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > ルール化

ルール化

2012年8月22日号

企業規模が成長するに従って、従業員の数も増えていきます。その時
に必要になるのが、ルール(規定や規則など)です。

もちろん、どこの組織でもルールはあるので、普段の生活や学生時代
でも、何らかのルールに従って行動はしていると思います。

それが、会社にも当てはまることになります。人数が少ないうちは、
暗黙の了解で、ルールが出来上がっている場合も多いですが、人数が
増えると、ルールも明文化されていくことになります。

このようにルール化(規定や規則の明文化)の必要性が高まると、
同時に反対意見も起きます。

例えば、「ルールで人を縛るとノビノビ仕事ができなくなるので嫌」
などの意見が出てきます。

でも、ルールと言うのは、最低限のラインですので、それ以上、良い
基準で行動しても良いのです。

つまりは、「ルールは当然守る。でも、自分たちは、ルールなんかに
縛られないので、ルールよりレベルの高い基準で行動する」とも考え
ることも出来るのです。

その為には、普段から経営者やリーダーが、高いレベルで行動して、
その模範を示す必要もあります。これ自体が、非常に大変で出来れば
避けたいと思うかもしれません。

でも、誰もが大変で避けたいと思う事がしっかりできる組織は、他の
組織に比べ、成長する機会が多いのです。

「2012年8月22日号」執筆:平野貴之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop