2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 経営判断ツールである財務指標の意味を確認する

経営判断ツールである財務指標の意味を確認する

2012年8月24日

私はお客様からの電話相談そして面談も担当しており、
最初は不安でご相談に来られる社長の視点から執筆してみます。

あなたは、会計ソフトからの分析や、銀行の財務分析の結果として
「○○比率」「○○期間」「○○比」という財務指標が大量に並んだ表を
みたことがあると思います。

数字がびっしり並んだ紙の内容を、丁寧に説明してもらっても机上の空論だと
思いませんか。どうして机上の空論になってしまうのかについては、あまり説
明を受けることがないのが実情です。

例えば、「○○比率」が〇〇〇%という数字や指標に表れてくる過程、つまり
決算書の数字は所詮過去の産物ではあるものの、会社の歴史であり物語でも
あります。

私どもは、面談で3,000社以上の「会社の歴史」そして「物語」を拝見しました。
数字や指標に表れてくる「定量」を経験という「定性」をかぶせて、真の意味
を紐解いていきたいと思います。

今回は一例を上げて、せっかくの指標を経営の判断ツールに活用していけるか、
もっともよく使わられる指標の一つである「流動比率」を題材として説明します。

「流動比率」は貸借対照表から算出することができ、

(流動資産 / 流動負債)×100(%) という算式で表されます。

流動〇○とは、通常1年以内に決済するものです。

流動資産なら、1年以内に現金化、費用化ができるもの。
流動負債なら、1年以内に支払が生じるものを指します。

1.流動比率の基本を確認する

流動資産には、

1.現金
2.預金
3.受取手形
4.売掛金

といった「当座資産」がまずあげられます。

そのほか商品・製品・仕掛品・原材料・貯蔵品といった「棚卸資産」や
仮払金、短期貸付金などの「その他資産」も流動資産に組み込めなくは
ないのですが、売れ残った在庫、売れない返品、そして返済見込みのない
貸付金などは「資産」ではありませんので注意が必要です。

流動負債とは次のようなものです。

1.支払手形
2.買掛金
3.短期借入金
4.1年以内に返済予定の長期借入金
5.未払金
6.未払費用
7.未払法人税等
8.未払消費税

流動資産÷流動負債×100%で出すことできる「流動比率」とは
企業の安全性の評価において代表的な指標です。

一般的に

200%以上だと高い評価を得られ
150%以上だと問題ないとされ
100%未満になると危険
とされます。

2.「実態財務」における流動比率

実態財務においては、貸借対照表の資産は再評価されます。
より具体的に言えば、資産の簿価を時価に置き換える作業が行われます。
流動資産、つまり流動比率の分子も、評価に合わせて金額が変わります。

特に、

・売掛金や未収入金に、回収不能になっているものがあればその分を
 評価から減らす

・棚卸資産に、すでに仕入時の価値がないものがあれば評価から減らす

・短期貸付金で、実際には回収不能、少なくとも1年以内に回収する
 ことができないものがあれば評価を減らす

・有価証券で、価値が増減しているものがあればその時点での評価にする

といった項目が主に考えられます。

「2012年8月24日」執筆:今野洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop