2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 金融庁の金融検査について

金融庁の金融検査について

2012年9月11日号

自己査定により、金融機関は融資の資産価値、つまり返済可能性を見ての
価値を査定して金融機関自身の財務状態を把握し、公表(ディスクロー
ジャー)していますが、それは6ヶ月ごとに実施しています。

自己査定では、金融庁が金融機関を検査する際の手引書として金融庁が作成
した金融検査マニュアルなどをふまえて、各金融機関自身のマニュアルで
自己査定しています。

ただ、自己査定という名前のとおり、その運用は各金融機関で決めた運用に
委ねられていますから、それが客観的に見ても適正なのかどうか見るために、
自己査定後、金融機関内で審査・営業部門から独立した監査担当部門による
内部監査と、監査法人による外部監査とが行われます。

そしてその後、各金融機関に対し、2年に1度ぐらいのペースで、金融庁に
よる検査も行われます。

金融機関では、自己査定により融資先企業の経営状態や将来性の評価、融資
ごとのその実態把握を行い、それが問題なくできているか、金融庁は検査
します。

金融庁は金融機関に対し、次ののことができているか、検査します。

・健全な企業に円滑な資金供給を行っているか
・融資先企業の経営実態の把握に努め、経営相談・経営指導等を通じて、
 積極的に企業・事業再生等に取り組んでいるか。
・貸出金の不良債権の実態把握が正確に行われているか。

ここでポイントとなるのは、不良債権の実態把握、という部分です。

不良債権の実態把握について、そのベースとなるのが、融資先企業の財務・
経営状況や、融資の返済の状況ですが、それによって、債務者区分が分かれ
ます。

金融機関側からすれば、融資先企業1社1社の債務者区分は、できるだけ
良くしたいです。なぜなら、債務者区分が良ければ、その企業への
貸倒引当金は少なくて済み、その分、金融機関の財務状況は良くなるから
です。

しかし金融庁は、検査により、その債務者区分が適正に行われているかを
見ようとします。

金融庁の検査は、金融機関ごとにだいたい2年に1回あります。

検査の対応は、メガバンクや地方銀行の上位行では、本部の債権管理部署が
中心になって対応することが多く、地方銀行の下位行や信用金庫、信用組合
では、支店が中心になって対応することが多いです。

金融機関としては、融資先企業の債務者区分は良くあってほしいのです。

金融機関の自己査定がスムーズに行われるよう、例えば金融機関から言わ
れた資料は面倒くさがらずに早く出したりするなど、金融機関への協力を
心がけてください。

それが、結果として自分の会社の債務者区分の向上につながり、金融機関と
の関係をうまく保てることになります。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop