2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 金融円滑化法終了後もリスケジュール継続するための経営改善計画

金融円滑化法終了後もリスケジュール継続するための経営改善計画

2012年9月20日号

平成25年3月の中小企業金融円滑化法終了後も、返済が完全に再開できない
企業はリスケジュールを継続していかなければなりません。

リスケジュールを継続するためには、期限ごとに金融機関にリスケジュール
を更新してもらわなければなりませんが、そのためにどんな対策を行うべき
か、必須になるのが、経営改善計画の策定です。

経営改善計画を作って金融機関に提出していない企業は、金融円滑化法が
終了するまでに作って提出しておきたいものです。

また経営改善計画をすでに金融機関に提出している企業でも、リスケ
ジュールを継続するためには、経営改善計画を、実抜計画(じつばつけい
かく)の要件に沿ったものにしたいです。

実抜計画とは

実抜計画とは、経営改善計画の中でも「実現可能性の高い抜本的な経営再建
計画」のことを言います。

実抜計画の要件は後述しますが、この要件に沿った経営改善計画は実抜計画
と呼ばれ、それが提出されている企業への融資は「貸出条件緩和債権」に
は該当しないことになります。

貸出条件緩和債権とは、企業の業況悪化を理由として、以下の要件のいずれ
かに当てはまる債権のことを言います。

1.融資期間中、金利を引き下げ・棚上げ・減額・免除したもの。

 

2.当初の最終返済期限を延長したもの。

 

3.分割返済していたものを、返済猶予・ステップアップ返済・
  期日しわ寄せ返済・期日一括返済へ変更したもの。

 

4.正常な運転資金として算定される額以上に借入した運転資金の
  返済期日に、返済財源がなく、継続、延期したもの。(正常な
  運転資金・・・売掛金+受取手形+棚卸資産−買掛金−支払手形)

 

この1〜4は、つまりリスケジュールした融資のことを言いますが、その
企業が実抜計画を提出していれば、その企業への融資は貸出条件緩和債権と
はみなされません。

貸出条件緩和債権がある企業は、債務者区分で「要注意先」の中でも
「要管理先」、もしくは「破綻懸念先」以下となりますが、実抜計画が提出
されていれば、その企業への融資は貸出条件緩和債権ではなく正常債権と
みなされ、その企業の債務者区分は「要注意先」の中でも
「その他要注意先」、もしくは「正常先」となります。

ちなみに、貸出条件緩和債権は、金融機関にとっていわゆる不良債権のこと
ですが、実抜計画が提出されている企業への融資は不良債権ではなく正常
債権とみなされることになります。

「その他要注意先」もしくは「正常先」であれば、新規融資は可能となり、
場合によってはリスケジュールしていながら、新規融資を受けることは可能
となります。ちなみに弊社のコンサルティング先でも、このケースでリスケ
ジュール中でも新規融資を受けられているケースが出始めています。しかし
リスケジュールを行っている企業は基本的に新規融資を受けることは困難で
あることは踏まえてください。

 

実抜計画の要件とは

実抜計画とは「実現可能性の高い抜本的な経営再建計画」の略ですが、
この「実現可能性の高い」という意味は、次のとおりです。

1.計画の実現に必要な関係者の同意が得られていること。

これは、主に金融機関のことを言うでしょう。

2.当該計画を超える追加支援が必要とは見込まれないこと。

追加支援とは、新規融資や、いっそう踏み込んだリスケジュールなど
です。計画に書いてある以上の追加支援が必要と見込まれないことが
ポイントとなります。

3.計画における売上高、費用、利益の予想等の想定が十分に厳しいものと
なっていること。

計画が実現不可能なバラ色のものではなく、現実を踏まえた厳しいもの
であるか、ということです。

次に「実現可能性の高い抜本的な経営再建計画」の中の「抜本的」という
意味は、次のとおりです。

・概ね3〜5年後の債務者区分が「正常先」となること。

・計画が概ね計画通り(売上高や当期利益が計画比概ね8割)に進捗して
 いる場合、最長10年以内に「正常先」となる計画についても同様に扱え
 ます。

・10年の計画を策定した場合、当初は「要管理先」として判断される
 ものの、その進捗状況が確認できれば、それ以降、実抜計画として扱う
 ことが可能となるため「その他要注意先」になります。

・「正常先」とならない計画でも、計画期間終了後の自助努力により事業が
 継続できるのであれば「その他要注意先」となる計画であってもさし
 つかえありません。

                                      

まずは経営改善計画を

以上、金融円滑化法でリスケジュールを行っている企業が、金融円滑化法
終了後もリスケジュールを継続するために、経営改善計画を作っていな
ければ作って提出すること、経営改善計画は実抜計画の要件に沿った方が
よい、ということをお話しました。

なお金融機関は最近、経営改善計画に5ヶ年の予想貸借対照表・損益計算書
まで盛り込むよう求めるケースも多くなっております。

また現実的に、この実抜計画の要件に沿った経営改善計画を作ることが
難しければ、無理に要件に沿わせなくてもよいですが、リスケジュールを
継続していくためには、とにかく経営改善計画は作るべきです。

そして経営改善計画策定後は、その計画を着実に進めていくことにより、
売上・利益で最低8割の進捗は確保したいところです。

そこまでできれば、金融円滑化法終了後も、金融機関がリスケジュールを
継続してくれる可能性は高くなります。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop