2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 経費の洗出し

経費の洗出し

2012年11月21日号

私が顧問先企業へ関わらせていただく際に必ず行うのが、経費の洗出
しです。

シンプルに考えれば限界利益の範囲内に経費を抑えれば利益は出ます。

限界利益-経費=利益

ですね。

逆に見れば、使った経費以上に限界利益を生み出せば利益が出るわけ
です。

利益+経費=限界利益

その経費が適正に支払われているか総勘定元帳を提出していただきま
すが、最近は会計ソフトを活用されている会社さまが多いこともあり
、データ形式でいただき、各勘定科目に分類分けを行い、定期的に発
生するもの、突発的なものなど細部にわたって内容をお聞きします。

内容をお聞きする場合は、まず目的を聞いてみます。経費の使用目的
がはっきりしてないもの、幹部が答えられないものは、まず削減対象
としておいて問題ありません。

削減についてもただ削ればよいというものではなく、経費の種類には
投資・消費・浪費とあり、先の投資部分の経費を削ってしまえば、短
期的には利益が上がるかもしれませんが、将来的な利益を失ってしま
う可能性がある為、使用する経費の分類をきっちり行い、削る部分の
大半は消費と浪費部分です。

肝心なのは将来の事業展開の中で必要な経費なのかそうでないのかで
す。この打合せを目標固定費の範囲内に収まるまで、続けていきます。

そして投資経費部分に関しても、先の事業展開の中で見込みが薄い、
または見込めない場合は大胆に減額・削減していきます。

そこまでやって初めて利益が出るようになります。

また経費洗い出しとは言っていますが、総勘定元帳を見ていくのは、
損益計算書だけではなく、貸借対照表の項目についても全て見ていき
資金移動に関係している項目に関しては損益計算書の科目同様、深く
目を通していきます。

貸借対照表の洗出しを行う事で、直接利益には関係してきませんが、
ニューマネーを生み出すヒントがつかめたり、キャッシュフローが良
くなったりしていきます。

また、この作業は定期的(3ヶ月~6ヶ月)に1回行うことをお勧め
します。1年の決算が終わった後では、経営陣が実態をつかむ時間が
遅れ対応が後手に回ってしまうかもしれません。

まずは経営者ご自身が、一度も総勘定元帳を見られたことが無ければ
ご自身の意思決定の結果の詳細である総勘定元帳を見られることを、
お勧めします。新たな行動を起こせば、必ず新しい発見があるもので
す。

「2012年11月21日号」執筆:奥田雄二

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop