2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 意外に重要!「事業を行う場所」

意外に重要!「事業を行う場所」

2013年2月25日号

会社を再生・存続させていくための条件を考える時には
適正なコストの検証は、避けて通れません。

企業にとって最大のコストは人件費。
人件費にメスを入れるのは、社長の気持ちにも大きな負担となりますし
削減した結果、売上と利益が減ってしまっては、
元も子もありません。

一方、それ以外のコストというのは
言われなくとも、「削れるものは、削っている」という企業がおおいもの。

非常に頭の痛い問題です。

しかし、口に出してしまえば簡単なのに、
忘れがちな、
思わぬところから経費を大幅削減できることがあります。

その場所で仕事をしていることが、本当に正しい?

実際にあった事例を簡単にご紹介しますと

・東北地方の運送業者
「値引き圧力を受けているため、なかなか利益の改善ができない」

⇒かといって、ドライバーを減らすと、売上も上がらなくなる・・

⇒負債を処理するために、
おもいきって会社の隣接地(駐車場)の所有不動産を売却し、
代わりの賃貸の駐車場を探すことに・・

⇒会社から離れた場所ではあるが、
 運送範囲の中心に近い、郊外の駐車場と賃貸契約

⇒そのことで、支払い賃貸料の削減に加え、燃料費の削減へつながり
利益が年間で500万円の改善。

というような流れでした。

上記の事例の場合は、
以下の三点がポイントとなります。

新たに賃貸する駐車場を探す際、
・燃料費の削減を基準に考えた
・賃貸料を最低限にする基準で考えた
・移動や手間、渋滞等の回避も考えた

会社のコストは、
ただ単純に安くしたい、ということだけではなく
あらゆる面で考えていくとことが
重要なポイントになるということです。

自社、顧客、仕事の流れを何度でも見直す

「どのようにして適正なコストを知るか?」ということは
よくテーマとなるものですが、大きな風呂敷を拡げすぎても、
なかなか実行することは難しいです。

とはいえ、自社と仕事の流れを十分に知り、
最適化することは可能です。

会社のコストは常に管理するべきものではありますが、
「もっと安く、もっと安く」だけではモチベーションも上がりません。

最も利益を上げるために最適化することが大切です。

この前提があれば、金融機関等から経費・コストの質問が来たとしても
胸を張って答えることができることでしょう。

「2013年2月25日号」執筆:今野洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop