2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 債務超過企業への融資

債務超過企業への融資

2013年4月5日号

■債務超過とは

債務超過とは、決算書の貸借対照表の、

純資産合計がマイナスとなっている状態を言います。

純資産合計がマイナスということは、資産から負債を引いたらマイナスということ。

つまり現時点で、会社の資産を全て外に売り払っても負債だけが残るという状態です。

そのため債務超過企業に対し、銀行は新規融資を行うことが困難となります。

また決算書の表面上は債務超過でなくても、資産の部に計上されている

資産の価値がなかったら、それは銀行は差し引いて、見てきます。

例えば売掛金で2,000万円上がっているが、うちA社に対する売掛金が

1,200万円あり、しかしそのA社が倒産して、貸倒れとなっている場合。

銀行はその事実を調べ、A社に対する売掛金1,200万円は

資産価値がないものとして、差し引いて考えます。

貸借対照表の表面上は純資産合計が700万円あり債務超過ではなかったとしても、

その1,200万円を差し引くと、実質の純資産合計は△500万円となります。

この場合、表面上は債務超過ではなくても、実質債務超過として、

銀行はそのような企業への新規融資を行うことが困難となります。

 

■債務超過でも新規融資を受けられている企業がある

債務超過、実質債務超過、このような企業へ、

銀行は新たな融資を出すことは困難です。

しかし実際には、債務超過の企業へも新規融資を出している

ケースを見ることがあります。

次のようなケースです。

・メイン銀行として長年の融資取引をしていて、

債務超過状態となっても引き続き融資を出してくれている。

・不動産担保を入れていてその評価が高く、

それを見て銀行が融資を出してくれている。

・債務超過状態になって日が浅く、債務超過は一時的なものであって

すぐに債務超過状態を脱するだろうと銀行は見て、融資を出してくれている。

・債務超過であっても直近では利益を計上することができていて、

返済能力がある企業だと銀行は見て融資を出している。

・経営改善計画書が提出され、債務超過を脱する道筋を銀行に示すことが

できていて、それを見て銀行は融資を出している。

このような例で、債務超過状態の企業へも、

銀行が融資を出してくれていることがあります。

■債務超過の企業は銀行から新規融資を止められやすい

しかし基本的に、債務超過の企業への新規融資は難しいものです。

もしあなたの会社が債務超過であったとして、新規融資が受けられていても、

銀行はいつ、新規融資を止めるか、分かりません。

引き続き銀行が融資を出してくれる企業であるためには、

経営改善計画書を銀行に出し、そして利益を計上していくことによって、

債務超過状態の解消に向かっている企業である、ということを

アピールし続けていくしかありません。

またもし、新規融資を止められてしまったら、すぐにリスケジュール、

つまり毎月返済の減額、猶予を行って資金繰りを立て直さなければなりません。

新規融資を止められようと、会社を立て直すためにできることはいろいろ

あるものです。社長は諦めることはありません。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop